Web3を巡る論争、イーロンマスクやジャックドーシーがVC主導の現状を批判

Web3を巡る論争、イーロンマスクやジャックドーシーがVC主導の現状を批判

テスラ(Tesla)CEOのイーロン・マスク(Elon Mask)氏や、ブロック(Block)CEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、次のインターネットのフェイズと言われている、いわゆるWeb3について、その構築にa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)などベンチャーキャピタルが大きく関与していることを批判した。

Web3とは、ブロックチェーンなどを基盤にし、ビットコインやイーサなど暗号資産活用した、分散化したインターネットサービスを指す言葉だが、まだその定義は曖昧である。

イーロン・マスク氏は先日「誰かweb3を見ましたか? 見つからないんだけど」とツイート。

このイーロンのツイートに対して、ジャック・ドーシー氏は「それはaからzのどこかにあるはず」とツイートで答えた。

マーク・アンドリーセン(Marc Andreessen)とベン・ホロウィッツ(Ben Horowitz)が設立したアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)などのベンチャーキャピタルは、ブロックチェーン、暗号資産、Web3領域を現在、重点的に支援している。

Web3は、その支持者らによると、ユーザーにプラットフォームやアプリケーションの所有権を与えることを意図しており、一方、現在のインターネットの形態であるWeb2では、メタ(旧フェイスブック)やグーグル(Google)といった少数のビッグテック企業のみがプラットフォームを支配しているとしている。

そしてジャック・ドーシー氏は「web3は皆さんの所有物にはなっていない。VCとそのLPが所有しているのだ。彼らのインセンティブから逃れることはできないだろう。それは結局、異なるラベルを持つ中央集権的な存在なのだ。自分が何に手を出しているのか知るべきだ…」とツイートした。

ドーシー氏のツイートは数千のいいね!とリツイートを集めたが、しかし異論を唱えたユーザーも多い。

そんな反対意見のツイートに対して、ドーシー氏は「ツイートが希望や夢を阻害するのであれば、もっと大きな問題がある。現状では私の意見は間違ってはいない。批評は修正に役立つし、もっと重要なことにエネルギーを振り向けることもできる」と反論した。

Web3は、NFTやメタバースと並び、今年多くの注目と資金調達を集めた技術的なバズワードとなった。

 (Reporting by Eva Mathews in Bengaluru; Editing by Shinjini Ganguli)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored