Web3を巡る論争、イーロンマスクやジャックドーシーがVC主導の現状を批判

Web3を巡る論争、イーロンマスクやジャックドーシーがVC主導の現状を批判

テスラ(Tesla)CEOのイーロン・マスク(Elon Mask)氏や、ブロック(Block)CEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、次のインターネットのフェイズと言われている、いわゆるWeb3について、その構築にa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)などベンチャーキャピタルが大きく関与していることを批判した。

Web3とは、ブロックチェーンなどを基盤にし、ビットコインやイーサなど暗号資産活用した、分散化したインターネットサービスを指す言葉だが、まだその定義は曖昧である。

イーロン・マスク氏は先日「誰かweb3を見ましたか? 見つからないんだけど」とツイート。

このイーロンのツイートに対して、ジャック・ドーシー氏は「それはaからzのどこかにあるはず」とツイートで答えた。

マーク・アンドリーセン(Marc Andreessen)とベン・ホロウィッツ(Ben Horowitz)が設立したアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)などのベンチャーキャピタルは、ブロックチェーン、暗号資産、Web3領域を現在、重点的に支援している。

Web3は、その支持者らによると、ユーザーにプラットフォームやアプリケーションの所有権を与えることを意図しており、一方、現在のインターネットの形態であるWeb2では、メタ(旧フェイスブック)やグーグル(Google)といった少数のビッグテック企業のみがプラットフォームを支配しているとしている。

そしてジャック・ドーシー氏は「web3は皆さんの所有物にはなっていない。VCとそのLPが所有しているのだ。彼らのインセンティブから逃れることはできないだろう。それは結局、異なるラベルを持つ中央集権的な存在なのだ。自分が何に手を出しているのか知るべきだ…」とツイートした。

ドーシー氏のツイートは数千のいいね!とリツイートを集めたが、しかし異論を唱えたユーザーも多い。

そんな反対意見のツイートに対して、ドーシー氏は「ツイートが希望や夢を阻害するのであれば、もっと大きな問題がある。現状では私の意見は間違ってはいない。批評は修正に役立つし、もっと重要なことにエネルギーを振り向けることもできる」と反論した。

Web3は、NFTやメタバースと並び、今年多くの注目と資金調達を集めた技術的なバズワードとなった。

 (Reporting by Eva Mathews in Bengaluru; Editing by Shinjini Ganguli)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表