SBI VCトレード、レバレッジ取引にダイ(DAI)追加

SBI VCトレードのレバレッジ取引にDAIが追加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレード提供のレバレッジ取引に、暗号資産ダイ(DAI)が追加されたことが8月2日発表された。

「ダイ(DAI)」はメーカーダオ(Maker DAO)が発行するイーサリアムベースのステーブルコイン。暗号資産を担保として米ドルにソフトペッグされている。

同サービスにおけるダイの取り扱い単位は1DAIで、呼値単位は0.001DAIとなっている。また最小発注数量は10DAIで最大発注数量は200,000DAI。建玉保有上限は2,000,000DAIとのことだ。なおレバレッジ倍率上限は個人・法人共に2倍。ただし法人のレバレッジ倍率の上限は銘柄によって異なっている。

ダイ追加により同取引所が提供するレバレッジ取引の取り扱い暗号資産は、合計で8銘柄になったとのこと。ダイの他、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)が取り扱われている。今後も順次取り扱い銘柄は拡大させる予定とのことだ。

なおSBI VCトレード提供のレバレッジ取引サービスでは、取引に必要な証拠金として日本円だけでなく暗号資産現物も利用することが可能だ。レバレッジ取引を提供していない銘柄も含め、当社で保有しているすべての暗号資産を証拠金として利用できるという。

ただし暗号資産を担保として利用する場合は、暗号資産の時価に掛け目50%を乗じた評価額が証拠金になるとのこと。

また同サービスにおいては、一部の銘柄でレバレッジ手数料にマイナス手数料を導入しているとのこと。レバレッジ手数料率がプラスの場合、手数料はユーザーが支払うが、マイナスの場合はユーザーが手数料相当分を収益として受け取りが可能となっているとのことだ。

関連ニュース

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資