JPモルガンが法人向けにブロックチェーン活用のユーロ建て決済開始、JPMコインで

JPMコインとして初のユーロ建て決済を実施

金融大手JPモルガン(JPMorgan)が、ブロックチェーンベースの独自デジタル通貨「JPMコイン」を活用した法人向けのユーロ建て決済を6月21日より開始した。ブルームバーグが6月23日報じている。

報道によれば、JPモルガンの欧州・中東・アフリカ地域コインシステム部門責任者であるバサク・トプラク(Basak Toprak)氏がブルームバーグニュースに明かしたという。

トプラク氏によれば、ドイツの大手テクノロジー企業のシーメンス(Siemens)が、JPMコインのプラットフォーム上で初のユーロ建て決済を行ったとのことだ。

JPMコインについて

JPMコインはJPモルガンのブロックチェーンプラットフォームである「Onyx(オニキス)」の「Coin Systems(コインシステム)」の一部で、2019年立ち上げの企業間決済に特化したデジタル通貨である。立ち上げ以来、JPモルガンはJPMコインで約3000億ドルの取引を処理しているという。これに対しJPモルガンでは日々、約10兆ドルもの決済が行われていると報じられているため、JPMコインの拡大の余地はまだまだありそうだ。

JPMコインにより大手多国籍企業などのホールセール(金融機関などの大口業務)顧客は、世界中のJPモルガンの様々な口座間でドルやユーロの送金実施や、ブロックチェーンを使って同行の他の顧客に支払いが行える。またJPMコインでの決済は、常時稼働しており、迅速な支払いが可能であるという。

トプラク氏は、適切なタイミングでの支払いはコスト面でのメリットがあると強調し、預金に対する金利収入が増える可能性があると伝えている。

オニキスについて

「Onyx(オニキス)」はJPモルガンが2020年に設立した銀行主導型ブロックチェーン・プラットフォームだ。

「オニキス」の基盤技術には、イーサリアムのエンタープライズ向けブロックチェーン「クオーラム(Quorum)」が採用されている。ちなみに「クオーラム」は元々JPモルガンが開発していたブロックチェーンだが、2020年8月に米ブロックチェーンソフトウェア会社のコンセンシス(ConsenSys)が買収し、現在は同社が「クオーラム」のサービス提供を行っている。

JPモルガンは6月、インドの銀行6行と提携し、同国の国際金融ハブ「ギフトシティー」にて銀行間ドル取引を決済する為のブロックチェーンプラットフォームを導入したと発表。

この取り組みは、JPモルガンのホールセール決済取引プラットフォーム「Onyx(オニキス)」を使用して試験プロジェクトが実施されるとのことであった。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブルームバーグOnyx Coin Systems
デザイン:一本寿和

images:iStocks/LewisTsePuiLung

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored