JPモルガンがJPMコインを法人に実証実験か、つくば市がブロックチェーンでの投票実施、chaintopeが医薬品トレーサビリティの取組を発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

JPモルガンが今年中にデジタル通貨「JPMコイン」を法人顧客に対し実証実験実施か

・アメリカの銀行最大手のJPモルガン・チェースが早ければ、今年中に同社が開発したデジタル通貨「JPMコイン」を数社の法人顧客に対し試験的な提供を開始することを、ブルームバーグが報じた

・ブルームバーグの取材に対して、同行のデジタル資金サービス・ブロックチェーン担当責任者のウマル・ファルーク氏が「ブロックチェーン技術を使うことにより、低コストで即時に資金の移動が可能になり、他のユースケースとしては債券やコモディティー取引の決済などにも活用される可能性があるだろう。そして、欧、米、日本を含む各国の顧客が興味を示している」と語った

・JP Morganの資料によると、JPMコインはQuorum Blockchain上で作られたプロトタイプ版の実証実験には成功しており、今後の目標として「24時間365日国際送金可能・資産の決済をブロックチェーン以外での選択肢の拡張・大規模で複雑な企業のための内部流動性の最適化」などが挙げられている

・なお、2014年5月に同行のジェイミー・ダイモン最高経営責任者が「われわれはグーグルやフェイスブック、その他の企業と競合することになるだろう」と発言し話題となったが、まさにFacebookが開発中のLibraの動きを見ると、その予測は正しそうだ

つくば市がブロックチェーン/顔認証技術/マイナンバーカードを活用したインターネット投票を実施

・つくば市が全国から公募しているSociety 5.0の社会実装に向けた実証実験の最終審査に、ブロックチェーン及び顔認証技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票を実施することを発表

・Society 5.0とはサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のこと(内閣府HP参照)

・昨年度に引き続き、マイナンバーカード及びブロックチェーン技術を活用したインターネット投票を8月下旬に実施するとのこと

・本年度は新たに以下2つの技術的課題にチャレンジするとのこと(1) スマートフォン等を活用し、場所にとらわれない投票を実現(2) 顔認証技術等を用いた本人確認による投票の利便性向上

chaintopeがAEON ASIA, GS1 Malaysiaと「ブロックチェーン技術を活用した医薬品トレーサビリティー」のパイロットプロジェクトへの取組を発表

・株式会社chaintope及び同子会社CHAINTOPE MALAYSIA SDN.BHD.が、クアラルンプールのAEON ASIA SDN. BHD. と、同じくクアラルンプールのGS1 Malaysia Berhad.と共に「ブロックチェーン技術を活用した医薬品トレーサビリティー」のパイロットプロジェクトに取り組むことを発表

・医薬品トレーサビリティーを実現することにより、サプライチェーンの可視化、偽造商品の防止、製品リコール時の迅速な対応などを可能とし、消費者の信頼を向上し、医薬品メーカー・小売業者のブランド力向上に貢献することができるとしている

・今回の医薬品トレーサビリティーパイロットプロジェクトを2019年8月頃を目処に一旦完了し、その後枠組みを広げながら次のフェーズに展開していくことを予定しているとのこと

金融庁が無登録で日本居住者に仮想通貨交換業を行っていたとしてCielo EX Limitedに警告

・金融庁が無登録でインターネットを通じ日本居住者相手方に仮想通貨の売買の媒介等の仮想通貨交換業を行っていたとしてセーシェル共和国のCielo EX Limitedに警告を行い、その情報を公表した

・この取引所はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、アソビコインなどを取り扱っている

・Cielo EXは自身の取引所ページで日本居住者向けのサービスではないと記載しているものの、日本語でのページやお知らせなどは現時点でも掲載されている

マルタ共和国ですべての不動産賃貸契約がブロックチェーン上に登録することを義務付けへ

・マルタ共和国内の不動産賃貸契約の全てをブロックチェーン上に登録を義務付けすることを地元メディアのマルタ共和国首相のJoseph Muscat氏へのインタビューによって明らかに

・数日中のうちには政府がこの規定が承認されたことを発表するだろうとのこと

・Muscat首相は「私たちは今、人々が日常生活で使うものにそれを適用することによってこの技術の付加価値を人々に示しているでしょう。そのような契約は改ざんすることができず、許可された者だけがそれにアクセスすることができます。これはデジタル変換が彼らの生活にどのように影響するかを示しています。」とコメントしている

ウォルマートチャイナがVeChainのブロックチェーンを活用した食品安全プラットフォームを発表

・ウォルマートチャイナがVeChain、米会計事務所PwC、中国チェーンストア&フランチャイズ協会(CCFA)、その他食品メーカーと共同で食品安全のためのトレーサビリティプラットフォームの開発することを発表

・ウォルマートチャイナブロックチェーントレーサビリティプラットフォームはVeChainのパブリックチェーンをベースに開発がされるとのこと

・現時点での取り扱いは23製品があり、年末までに食肉製品、米、キノコ、食用油など、10種類以上の製品カテゴリをカバーし、さらに100製品が年末までに追加される予定

・来年末までには売り上げのうち、精肉の50%、野菜の40%、鮮魚の12.5%がこのプラットフォームによって追跡が可能になる予定とのこと

Facebookが発行した「Libra」に関する詐欺サイトが横行しているので、ご注意を

・Coindesk Japanによると、Facebookが発行したLibraに関する詐欺サイトが横行しているようだ。悪手の詐欺サイトで「calìbra.com」なども生まれてしまっている

・「calìbra.com」にアクセスすると、ブラウザにインストールしている「MetaMask」から「このドメインは危険なサイトリストに含まれています」と表示される。まだLibraの構想を発表しただけで、交換や購入できる手段はないので、ご注意願いたい

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国政府がデジタル人民元のテスト地域拡張か、Bassetが分散型金融領域リスク評価サービス開始、ビットコインが最高値更新などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国政府がデジタル人民元のテスト地域を拡張か、日本のRegTech企業バセット(Basset )が分散型金融領域のリスク評価サービスをスタート、サウジアラビア通貨庁とアラブ首長国連邦中央銀行がデジタル通貨に関する共同プロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書発表、ビットコインが過去最高値更新

サウジアラビア通貨庁とアラブ首長国連邦中央銀行がデジタル通貨に関する共同プロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書発表

サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA:Saudi Arabian Monetary Agency)とアラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE:Central Bank of the United Arab Emirates)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とブロックチェーンに関する両国共同のプロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書を11月29日発表した。

ビットコインが過去最高値更新、バブル再来か、もはやバブルでもないのか

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が高騰している。2020年11月30日、海外取引所のバイナンスでは19,799ドル、Bitstampでは19,666ドルと、過去最高値を更新。また米国大手取引所コインベースでは17年12月に記録した過去最高値19,891ドルにはどとかなかったものの19,873ドルを記録した。米ドル建てで20,000ドルの大台に迫る勢いを見せた。各取引所で過去最高値更新後、一旦価格の19,000ドル近くまで下落も見られたが、その後も現時点まででは19,000ドルから20,000ドルの間を推移している。

日本のRegTech企業バセット(Basset )が分散型金融領域のリスク評価サービスをスタート

金融データ分析アルゴリズムを提供するRegTech(規制:Regulationと技術:Technologyを合わせた造語)企業のバセット(Basset)が 分散型金融(DeFi)領域へのリスク評価サービスを開始し、イーサリアム上で稼働するスマートコントラクトに対するリスク分析のためのオラクルを提供することを11月30日に発表した。

欧州中央銀行理事がデジタル決済に関する意見表明、独財務大臣がデジタルユーロへの早急な対応示唆、FXcoinが住友商事Gと実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行理事がデジタル決済革命やデジタル・ユーロに関する意見を表明、ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆、FXcoinが住友商事グループ会社間の債権債務を暗号資産(仮想通貨)XRPを用いて決済する実証実験実施、TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

株式会社ティーケーピー(TKP)が株式会社ウィルズと販売提携契約を締結し、TKP提供の「株主総会ライブ配信支援パッケージ」においてウィルズのブロックチェーン技術を活用した電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote(ウィルズボート)」を提供開始することを11月30日発表した。

ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆

ドイツの財務相を務めるオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)氏が「消費者や企業からデジタルマネーに対する大きな需要があることから、ヨーロッパはデジタル決済のソリューションを考え出すためにより懸命に努力すべきだ」とヨーロッパのデジタル決済に関するオンラインカンファレンスで述べたことを11月27日にロイター通信が報じた。