JCBとカウリーが提携しステーブルコイン検討、Gaudiyが「Trust Economy Bonding Curves」実装、ジャガーがIOTAで電気自動車トレーサビリティの実証実験デモなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ジャガーが電気自動車のトレーサビリティの実証実験をデモンストレーション予定

・IOTA財団は、英自動車メーカー大手ジャガーランドローバー、仏エネルギー研究開発機関のEngie Lab Crigenと共に、電気自動車に関わるトレーサビリティの実証実験デモをノルウェーで行うことが明らかになった

・今回の実証実験では、ジャガーの電気自動車「I-Pace」が利用されている。再生可能エネルギーのトレーサビリティーは、IOTAの不変の分散台帳技術であるTangleを使用。そして、すべてのトランザクションとソースの改ざん防止レコードを作成する流れとなっている

・ジャガーのマネージャーはプレスリリースで「I-Paceやトロンハイムの発電所など再生可能エネルギーに積極的にアプローチする車両や建物が、ジャガーのDestination Zero戦略に沿った持続可能性の革新をどのように生み出すことができるかを一般の人々に見てもらうことを大変嬉しく思います」とコメント

・さらに今回の発表では、I-PaceにはIOTAのスマートウォレットが搭載されている。そのウォレットには、道路の不整備情報、天気、交通情報に関連するデータを共有することで取得したIOTAを保管できる仕様

・そして獲得したIOTAは、通行料や駐車料、充電などの支払いサービスにも使用できる。ちなみに、ドライバーはその機能のオン/オフを選択できる

北朝鮮が一連の仮想通貨流出事件などへの関与を否定

・北朝鮮が国営メディアである朝鮮中央通信を通じて、国連が指摘した金融機関や仮想通取引所に対するサイバー攻撃への関与を否定する声明を発表した

・8月5日に、北朝鮮が2015年12月から今年5月の間に、少なくとも17カ国の金融機関や仮想通貨取引所に35回にわたりサイバー攻撃を仕掛け、最大で20億ドル(2,140億円)を違法に得ていた疑いがあると、国連安全保障理事会の専門家パネルが指摘していたことが報じられていた

・北朝鮮の声明によると、「敵対勢力によるそのような捏造は、北朝鮮のイメージを損ない、北朝鮮に対する経済制裁の正当性を目的としたものである。」としている

JCBがカウリーとの戦略的パートナーシップ契約を締結しトークンエコノミーに関する検討を開始

・株式会社ジェーシービーが、ブロックチェーン決済システム開発やコンサルティング等をおこなうカウリー株式会社と、地域通貨等のトークンエコノミーに関する戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表

・JCBはこの提携によりトークンエコノミーに関する地域やコミュニティのニーズに応えられるようなステーブルコインの在り方について検討を進めていくとのこと

・そして将来的には、地域やコミュニティ向けにステーブルコインの企画、設計、運営を行うなど、トークンエコノミー向けのプラットフォームを展開することを目指しているとのこと

デジタルガレージと大和証券がグローバルスタートアップに特化したファンド「DG Lab2号ファンド」を組成

・デジタルガレージと大和証券が次世代技術を有するグローバルのスタートアップ企業に向けた投資ファンド「DG Lab Fund II E.L.P. Cayman」(通称:DG Lab2号ファンド)を組成した

・DG Lab2号ファンドは、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」と連携のうえ、DG Labが研究開発を推進する「ブロックチェーン」「AI」「VR/AR」「セキュリティ」「バイオヘルス」の5つの重点分野を投資対象領域とし、国内外の有力なスタートアップ企業への投資を実行していく予定

・2019年8月末時点でDG Lab 2号ファンドへ出資参画が確定しているのは、カカクコム、KDDI、三井住友信託銀行、損害保険ジャパン日本興亜などで、総額100億円を超える第一次募集が完了している。そして、2020年3月までにファイナルクローズし、最終的なファンド運用総額として200億円程度を目指していく

Gaudiyが個人の信用スコアに応じてトークンの売買価額が変動する「Trust Economy Bonding Curves」をZilliqa上で実装

・ブロックチェーンのアプリケーション開発、共同研究事業を行う、株式会社Gaudiyが個人の信用に応じてトークンの交換レートを変動させる「Trust Economy Bonding Curves」をZilliqa(ジリカ)上で実装したことを発表

・このTrust Economy Bonding Curvesとは、トークンの売買におけるプライシングをスマートコントラクトと信用スコアを用いて中央的な管理者無しで自律的に行える仕組み。これを活用することで、コミュニティ毎に発行されるコミュニティトークンの交換を常に流動性を担保した形で安定した取引が可能になり、あるプロダクトでの活動によって生まれた価値が、全く別の場所でも評価されることも可能となる

・また本仕様を利用したデモトレードイベントが9/7(土)12:00から実際のアプリ上でTrust Economy Bonding Curvesを利用した実証実験が開始される予定とのこと

このニュースの詳細はこちら 

Hyperledgerがイーサリアムクライアントの新プロジェクト「Hyperledger Besu」を発表

・Linux Foundationが運営するオープンソースのブロックチェーン技術推進コミュニティHyperledgerが新プロジェクト「Hyperledger Besu」を発表

・Hyperledger Besuは、Apache 2.0ライセンス(オープンソフトウェアライセンス)の下で開発された、Javaで記述されたオープンソースのイーサリアムクライアントで、Ethereumパブリックネットワークまたはプライベートネットワーク、Rinkeby、Ropsten、Görliなどのテストネットワークで実行が可能

・Hyperledger Besuは可能な限りモジュール式に設計されており、コンセンサスアルゴリズムと他の主要なブロックチェーン機能を分離し、コンポーネントのアップグレードまたは実装を容易にするとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,Hera-Stock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行理事がデジタル決済に関する意見表明、独財務大臣がデジタルユーロへの早急な対応示唆、FXcoinが住友商事Gと実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行理事がデジタル決済革命やデジタル・ユーロに関する意見を表明、ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆、FXcoinが住友商事グループ会社間の債権債務を暗号資産(仮想通貨)XRPを用いて決済する実証実験実施、TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

株式会社ティーケーピー(TKP)が株式会社ウィルズと販売提携契約を締結し、TKP提供の「株主総会ライブ配信支援パッケージ」においてウィルズのブロックチェーン技術を活用した電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote(ウィルズボート)」を提供開始することを11月30日発表した。

ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆

ドイツの財務相を務めるオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)氏が「消費者や企業からデジタルマネーに対する大きな需要があることから、ヨーロッパはデジタル決済のソリューションを考え出すためにより懸命に努力すべきだ」とヨーロッパのデジタル決済に関するオンラインカンファレンスで述べたことを11月27日にロイター通信が報じた。

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。