日立製作所がweb3やAIなど対象のCVC設立、400億円規模で

日立製作所がweb3やAIなど対象のCVC設立

日立製作所が、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「HV Fund」の第3号ファンド設立を4月20日発表した。なおCVCファンドは、事業会社が社外のスタートアップ企業等に対して戦略出資するファンドのこと。

「HV Fund 第3号ファンド」では、web3など新たな潮流で生まれる先進的ビジネスモデルやデジタル経済圏に挑戦するスタートアップ企業およびAI、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、5G/6G、仮想現実などの技術の進化とそれを応用した新しいサービスを牽引するスタートアップ企業を投資対象とするとのこと。

同ファンドは3億ドル(約401.6億円)規模で組成されており、出資は日立製作所、運営はドイツ本社の日立ベンチャーが行う。

なお第3号ファンドの出資規模額は、第1号、第2号ファンドの2倍に相当するとのこと。日立では、これら2つのファンドを通じて、これまでに合計21社のスタートアップ企業に出資してきたという。

具体的に第1号、第2号で投資を行ったのは、IoTやAIから生まれる膨大なデータの処理を可能にする高速分散データ処理ソリューションや、サプライチェーン上流のスコープ3における温室効果ガス排出データを自動収集するソリューション、カーボンクレジットの質を評価するためのソリューションなど、近年多くの企業で課題となっている分野とのことだ。

日立は今回の第3号ファンドにて、デジタル領域のビジネスや革新的なテクノロジーへの投資と協業することで、日立のイノベーション戦略とグローバルな事業展開を後押しするとしている。

関連ニュース

参考:日立製作所
images:iStocks/Максим-Ивасюк・metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored