GMOがweb3特化CVC「GMO Web3」設立へ

web3特化のCVC「GMO Web3」設立へ

GMOインターネットが、新たにコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「GMO Web3株式会社」を設立することが6月9日分かった。新会社はweb3ベンチャー支援に特化したハンズオン型CVCで、6月下旬に設立予定とのこと。

この新会社による投資対象のステージや出資規模額、チケットサイズについては現在のところ公開されていない。

なお「ハンズオン型」とは、出資者が積極的にベンチャー企業の経営に介入して支援を行うベンチャーキャピタルの手法である。

新会社で出資先に提供されるのは、VCとしての資金支援や融資による支援といった資金的な支援の他、GMOのエンジニアによる技術支援やブロックチェーンのセキュリティ支援、IEO(Initial Exchange Offering)支援、上場ノウハウの支援が提供されるとのこと。

また発表によると新会社の会長にはGMOインターネットの代表取締役グループ代表である熊谷正寿氏が就任予定だ。その他取締役には、米国で日本円ステーブルコイン「GYEN」を発行するGMOトラスト(GMO-Z.com Trust Company, Inc.)からCEOの中村健太郎氏が選任される他、グループ企業から数名の取締役が選ばれる予定。

また外部からも取締役として森・濱田松本法律事務所の増島雅和弁護士やドリコムの代表取締役社長である内藤裕紀氏が就任予定で、元ディー・エヌ・エー代表取締役社長兼CEOの守安功氏は新会社の顧問に就く予定だ。

関連ニュース

GMOトラストの「GYEN」と「ZUSD」、累計出来高1000億円に 

【取材】FC琉球がIEOで約10億円調達も「FCR」大幅下落、GMOコインのルール変更も影響か

GMOコインでチェーンリンク(LINK)上場、国内7取引所目

NFTは暗号資産を「通貨」にするトリガー(GMOインターネット 熊谷正寿氏 1/2)

国内初、GMOコインがコスモス(ATOM)を取扱い開始

参考:GMOインターネット
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored