米インテル、ビットコインマイニングチップシリーズの生産終了へ

市場低迷による需要減で

米インテル(Intel)が、ビットコイン・マイニングチップシリーズの生産を終了したと4月18日発表した。

暗号資産(仮想通貨)市場の低迷により、暗号資産マイニングに利用されているハイエンド・グラフィックス・チップを提供する米エヌビディアコーポレーション(Nvidia Corp)等、一部のチップ企業が打撃を受けている。

インテルは、「Blockscale(ブロックスケール)」と呼ばれるシリーズの受注を今年10月20日までに停止し、来年4月20日までに出荷終了予定であることを、同社のウェブサイトにて発表している。

インテルの広報担当者は「IDM2.0への投資を優先するため、ブロックスケールの顧客のサポートを継続する一方で、Intel Blockscale 1000 Series ASICを終息させました」と述べている。

なお「IDM 2.0」とは、インテルがチップ製造を外部の顧客に委託し、自社ではより小型で高速なチップの製造を強化し続けるという戦略のことだ。

インテルは、暗号資産分野における「市場機会を監視」し続けるとコメントしている。

インテル提供のチップを利用した最初の顧客は、アルゴ・ブロックチェーン(Argo Blockchain)、ブロック(Block Inc)、ハイブ・ブロックチェーン・テクノロジーズ(Hive Blockchain Technologies)、グリッド・インフラストラクチャ(GRIID Infrastructure)だった。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Intel ends its bitcoin mining chip series Reporting by Chavi Mehta in Bengaluru; Editing by Krishna Chandra Eluri
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored