バイナンスにDeFiレンディング「Radiant Capital(RDNT)」上場へ

バイナンスにRDNT上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産ラディアントキャピタル:Radiant Capital(RDNT)の取り扱い予定を3月30日発表した。

なおRDNTの取り扱いは、他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性が高いトークンの取引が提供されている「イノベーションゾーン」での対応となる。

RDNTの取り扱いは、日本時間3月30日16:30(UTC同日7:30)よりRDNT/BTC、RDNT/USDT、RDNT/TUSDの取引ペアによって取引開始するとのこと。出金は3月31日16:30(UTC同日7:30)より開始し、入金については既に対応済みとのことだ。

またバイナンスは、RDNT取り扱い開始同時刻から48時間以内にRDNTを分離マージンおよびその借入可能資産として追加すると発表しており、RDNT/USDTでサポートが開始されるとのこと。

ラディアントキャピタル(RDNT)とは

ラディアントキャピタルは、レンディングサービスを提供するDeFi(分散型金融)プラットフォームだ。分散型オムニチェーンマーケットとしての運営を目指しており、現在はアービトラム(Arbitrum)とBNBチェーンのネットワークに対応している。異なるブロックチェーンの相互運用には、クロスチェーン通信プロトコルのレイヤーゼロ(LayerZero)が利用されている。

なおRDNTはラディアントキャピタルの流動性マイニングとガバナンスに用いられるユーティリティトークンとのことだ。

現在RDNTは、クーコイン(Kucoin)やOKX、ゲート(Gate.io)、フォビ(Huobi)、バイビット(Bybit)、ビットゲット(Bitget)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている。またパンケーキスワップV2(PancakeSwapV2)やユニスワップV3:アービトラム(UniswapV3 on Arbitrum)、スシスワップ:アービトラム(SushiSwap on Arbitrum)などのDEX(分散型取引所)でも取引されている。 なお現在のRDNTの時価総額は約96.6億円となっている(3/30 14:30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した