セキュリタイズ、みずほ銀行向け「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」構築。NTTデータらと協業で

セキュリタイズがみずほ銀行向け「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」構築

セキュリティトークン(ST:証券トークン)プラットフォーム提供のセキュリタイズジャパン(Securitize Japan)が、みずほ銀行向けの「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」を構築したことを2月22日発表した。

なおこのプラットフォームはブロックチェーンを活用し、発行体が投資家と直接接点を持つことを可能にするシステム基盤だ。セキュリタイズジャパンが、みずほリサーチ&テクノロジーズ(MHRT)およびNTTデータとの協業により構築したとのこと。

なおこの「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」は、みずほ銀行によって公社債などの金融商品の発行体に向けて提供が開始されている。

「あたらしい経済」編集部がセキュリタイズジャパン広報に問い合わせたところ、このプラットフォームは食品系メーカーのカゴメが1月31日に発行予定を発表した「カゴメ 日本の野菜で健康応援債」にて用いられていることが確認できた。

「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」について

「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」は、投資家の情報を証券会社などの販売会社のみが管理している伝統的な公社債などの金融商品の発行において困難だった、発行体によるタイムリーな投資家情報の取得について、提供が可能になるとのこと(投資家からの事前同意が前提)。

これにより発行体は、投資家に対する特典や自社情報の提供を通じた投資家とのエンゲージメント向上が期待でき、また投資家は当該情報等の享受という金融成果以外の投資メリットを得られるとのことだ。

具体的には、各販売会社が登録した投資家に対して、情報共有の同意の取得や付与する特典の選択、簡単なアンケートを取得するための入力フォームの通知メールを本プラットフォームから送信することが可能になるという。メールを受信した投資家のうち、発行体への情報共有に同意した投資家の情報は、同プラットフォームを通じて発行体に共有可能になり、発行体はその情報を利用することで、ポイントや特典の付与ができるようになるとのことだ。

またこのプラットフォームを活用することで、特典付与対象の投資家の登録を、その販売に関わる各金融機関が共同で実施可能となるという。この際に各社がアクセスできる投資家情報の制御が可能なため、不必要な情報共有はされない仕組みになるとのこと。これにより複数のステークホルダーとの柔軟な連携が可能となると説明がされている。

なお「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」は、みずほ銀行向けにMHRTおよびNTTデータが構築したブロックチェーン基盤に、セキュリタイズプラットフォームを接続することで構築されているという。セキュリタイズプラットフォームでは、パブリックブロックチェーンを含む多様なブロックチェーンから利用するチェーンを選択できるとのこと。またアプリケーションレベルでは汎用的なAPIが提供されており、今後の業務管理システムや外部連携に柔軟に対応できるとのことだ。

関連ニュース

参考:セキュリタイズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み