カゴメ、ブロックチェーン活用の「日本の野菜で健康応援債」発行へ、みずほのPFで

カゴメが「デジタル特典付き社債」発行へ

食品系メーカーのカゴメが、ブロックチェーンを活用した「デジタル特典付き社債」の発行予定を1月31日発表した。

なおこの「デジタル特典付き社債」は、従来は困難であった社債購入者の情報を発行体がデジタルに取得すること、および投資家と直接接点を持つことを可能にしたものであり、「社債購入者の情報」をブロックチェーンで管理しているものだという。その為今回の「デジタル特典付き社債」は、社債自体をブロックチェーンで発行・管理する「セキュリティトークン」ではないとのことだ。

なおこの社債の名称は「カゴメ株式会社第1回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」であり、また「カゴメ 日本の野菜で健康応援債」の愛称がつけられている。

発表によると、この「デジタル特典付き社債」は2月21日に発行される予定で、みずほフィナンシャルグループ(FG)が提供するブロックチェーン活用のシステム基盤「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」が用いられるとのこと。

このプラットフォームについては、「従来の社債の主目的である資金調達に加え、社債への投資を発行体の商品購買につなげていくマーケティングツールとして活用することが期待できる」と説明されている。

またカゴメは本社債の特徴を「スマホやPCを用いて手軽に購入できる」「少額投資が可能」「投資家の方々と直接コミュニケーションをとることが可能」等とあげている。

この「カゴメ 日本の野菜で健康応援債」購入者にはカゴメの通信販売「カゴメ健康直送便」の魅力を提供するとして、6種類の国産野菜を350g分使用した通販限定のジュース「カゴメつぶより野菜」が特典として付与されるとのことだ。なお特典の受け取りには「カゴメ健康直送便 オンラインショップ」の顧客番号が必要であり、社債購入金額にかかわらず、購入者1名につき「カゴメつぶより野菜」が15本のみ付与されるとのことだ。

本社債については発行総額10億円、購入単位の金額は10万円。利率については2月8日に条件が決定する予定とのこと。また募集期間は2月9日から2月20日で、発行日は2月21日、償還期限は2024年2月21日となっている。なお引受主幹事証券会社はみずほ証券、販売証券会社は楽天証券、社債管理者はみずほ銀行とのことだ。

「あたらしい経済」編集部はみずほFGへ、今回の「デジタル特典付き社債」に用いられている「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」の基盤ブロックチェーンについて問い合わせを行っている。返答が得られ次第、この記事に追記させていただく予定だ。

以下2023.1.31 15:50追記

みずほFG広報担当者によると、「デジタルエンゲージメントプラットフォーム」の基盤ブロックチェーンについては、現状「非公開」とのことだ。

関連ニュース

【金融DX】債券のデジタル化が進む理由

スイスのルガーノ市、発行総額約138億円のデジタル債券発行へ

オランダ大手銀行ABN、45万ユーロのデジタル債券発行

欧州投資銀行が約143億円分のデジタル債発行、ゴールドマンサックスのPF上で

野村証券と丸井グループ、自己募集型デジタル債発行で協業。セキュリタイズ活用

参考:カゴメ
デザイン:一本寿和
images:iStock/Julia_Sudnitskaya

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/2話題】株式会社Progmatが新経営体制で運営開始、Intmaxがウォレットレス・ウォレット提供開始など

株式会社Progmat設立、新経営体制で運営開始、ステートレスzkRollup「Intmax」、ウォレットレス・ウォレット発表、ヴィタリック、リキッドステーキングによる中央集権リスクについて言及、SBI、「XDC Network」の運営会社と国内合弁会社を設立へ、破産した3AC共同創業者がシンガポールで逮捕と清算人が発表=報道、丸紅と常陽銀行出資のデジタル証券準備会社子会社ら、新たに「プロ向け不動産STOファンド」組成完了、北國銀行、石川県珠洲市でデジタル地域通貨「トチツーカ」開始、10月から、USDCのサークルが「ステーブルコインは有価証券にあたらない」と主張、バイナンス対SEC訴訟で、ドリコムとアニモカブランズジャパンが提携、「Eternal Crypt – Wizardry BC -」の海外展開へ向け、ポリゴンラボのポリゴンPoS、グーグルクラウドがバリデーターに参画、アバランチのAva Labs、独自データベース「Firewood」の開発者プレビューを公開

ドリコムとアニモカブランズジャパンが提携、「Eternal Crypt – Wizardry BC -」の海外展開へ向け

国内大手ゲーム企業ドリコムが、香港拠点のブロックチェーンゲーム開発企業アニモカブランズ(Animoca Brands)の子会社Animoca Brands株式会社(アニモカブランズジャパン)と、Web3領域におけるグローバル展開に向け、パートナーシップ締結に合意したと9月26日発表した

ヴィタリック、リキッドステーキングの中央集権リスクについて言及

イーサリアム(Ethereum)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、「イーサリアムはプロトコルにもっと多くのものを記述して問題ないでしょうか?:Should Ethereum be okay with enshrining more things in the protocol?」というタイトルのブログを9月30日に投稿し、リキッドステーキングによる中央集権リスクについて言及した