オランダ大手銀行ABN、45万ユーロのデジタル債券発行

オランダ大手銀行ABN、45万ユーロのデジタル債券発行

オランダの大手投資銀行ABNアムロが、パブリックブロックチェーン上で45万ユーロ(約6,400万円)のデジタル債券を発行したことを1月10日に発表した。

オランダの航空機部品会社であるAPOC Aviationがこの債券を通して、一部の投資家から資金調達を行ったという。つまりAPOC Aviationの調達サポートをABNアムロが行ったこととなる。

ABNアムロは債券の準備、発行、書類作成の全プロセスをデジタル化したという。なお所有権は、投資家が債券の代金を支払った後に取得したトークンの形でブロックチェーンに記録しているようだ。

またこのデジタル債券発行にあたり、ABNアムロはビットボンド(Bitbond)とファイヤーブロックス(Fireblocks)にデジタルウォレットのサービスを依頼しているとのことだ。

なおメディア「Ledgerinsights」によれば、今回活用されたブロックチェーンはステラ(Stellar)のようだ。

APOCのCEOであるマックス・ルティエ・ウールドリク(Max Lutje Wooldrik)氏は「APOCは技術やデータを重視する企業であり、ABNアムロが発行するデジタル債券は完璧にマッチしています」とコメントしている。

ABNアムロのチーフ・ストラテジー&イノベーションのエドウィン・ヴァン・ボム(Edwin van Bommel)氏は「中堅以上の私たちの商業顧客にレバレッジドファイナンスを提供するためのこの最新のデジタルソリューションは、従来の債券調達とクラウドファンディングの間のギャップを埋めてくれるものです。ブロックチェーンのおかげで、非常に効率的で非常に顧客フレンドリーな調達方法になっています」と伝えている。

参考:ABNアムロ
images:iStpcks/Robert-vt-Hoenderdaal
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored