暗号資産レンディングNexo、米国全ユーザーへのサービス停止へ

Nexoが4月1日までに米国全ユーザーへのサービスを停止

暗号資産(仮想通貨)レンディング企業の英ネクスオー(Nexo Capital)が米国のユーザーに対し、暗号資産による利回り商品「アーンインタレスト(Earn Interest)」の提供を4月1日までに停止する。なお対象となるのは米国市民および米国居住者(米国領土を含む)を含むすべての米国ユーザーだという。ネクスオーが自社のブログにて2月10日に発表している。

ネクスオーは昨年12月、米国市場からの撤退を発表。段階的に米国内で提供するプロダクト及びサービスを廃止していくとしていた。今回はその計画の一部だとみられる。

発表によると「アーンインタレスト」の停止後に、ユーザーすべての暗号資産預入の固定期間解除を行うという。ネクスオーはブログで「4月1日までにご都合の良いタイミングで出金計画を立てていただきますようお願いします」と知らせており、「(現状アーンインタレスト以外の)他のネクスオーサービスには影響がない」と続けている。

また未払いクレジットを持つユーザーへは、ローンの返済や担保資産の引き出しのために十分な時間と通知が与えられると伝えられている。

また誤って米国ユーザー認定された恐れのあるユーザーは、ネクスオーへ銀行口座明細や公共料金の請求書などの書類を提出することで更新手続きが行えるとのことだ。

「アーンインタレスト(Earn Interest)」は2020年6月頃より提供開始されており、米国の投資家はネクスオーに暗号資産を提供することで利子を得ることが可能になった。しかし、2022年2月にSECが同様のサービスを提供する企業に対して告発を行ったため、ネクスオーは「アーンインタレスト」を新たに投資家に提供することを中止していた。ネクスオーは1月19日、「アーンインタレスト」の告発に対する解決のため、SECと州規制当局に対してそれぞれに2250万ドル(合計で4500万ドル/約58億円)の罰金を支払うことに同意している。

関連ニュース

参考:Nexo 
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資