暗号資産レンディングNexo、米SECらに約58億円罰金支払いへ、告発解決のため

Nexoが米SECらに約58億円の罰金支払いへ

暗号資産(仮想通貨)レンディング企業の英ネクスオー(Nexo Capital)が、米国証券取引委員会(SEC)と州規制当局からの「暗号資産融資商品の登録を怠った」という告発を解決する為に4500万ドル(約58億円)の罰金を支払うことに同意した。SECが1月19日発表した。

SECの声明によるとネクスオーは、米国の投資家に対して販売した暗号資産融資商品「アーンインタレスト(Earn Interest)」に関連して、SECと州規制当局に対してそれぞれに2250万ドルを支払うとのことだ。

ネクスオーは2020年6月頃に「アーンインタレスト」を提供開始し、これにより米国の投資家はネクスオーに暗号資産を提供することで利子を得ることが可能になった。しかし、2022年2月にSECが同様のサービスを提供する企業に対して告発を行ったため、ネクスオーは「アーンインタレスト」を新たに投資家に提供することを中止していた。

SECの調査結果を認めることも否定することもしなかったネクスオーは、今回の罰金支払いによる解決策に「満足」していると述べている。

ネクスオー共同創設者コスタ・カンチェフ(Kosta Kantchev)氏は「私たちは、近いうちに明確な規制の状況が現れると確信しています。ネクスオーのような企業は、米国で価値ある製品をコンプライアンスに則って提供できるようになると確信しています」と語った。

ネクスオーは先月12月、規制当局との衝突により、今後数ヵ月にわたって段階的に米国内で提供するプロダクトとサービスを縮小すると発表していた。

SECは昨年、企業による暗号資産の利回り商品の提供をターゲットしており、昨年2月に同様の商品を提供していたブロックファイ(BlockFi )の子会社に対して最初の告発を行った。

そして先週にSECは、ジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital)およびジェミナイトラストカンパニー(Gemini Trust Company )が提供していた暗号資産融資商品について告発を行った。

なおネクスオーは米国以外でも当局と苦闘をしている。先週にはブルガリアの検察がネクスオーに対する捜査の一環として関係者4人を起訴している。当局は1月12日に同国首都ソフィアに15カ所以上あるネクスオーの拠点を家宅捜索し、組織犯罪集団の設立、税犯罪、マネーロンダリング、無許可の銀行営業、コンピューター詐欺による疑いについて調査していることを発表している。

ネクスオーは、ブルガリア当局が同社のオフィスに調査に入ったことを確認したとしているが、そこには給与計算やカスタマーサポートなど、運営費に関連する機能しかないと主張している。

関連ニュース

暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ

米SECがGenesisとGeminiを告発、無登録証券販売者として

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で

米SEC、FTXの取引所トークン「FTT」を有価証券とみなす訴状公開

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Crypto firm Nexo Capital agrees to pay $45 million to settle U.S. SEC, state charges
Reporting by Chris PrenticeAdditional reporting by Hannah Lang in Washington and Jonathan Stempel in New YorkEditing by Matthew Lewis and Josie Kao
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored