日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ

日本ガイシとリコーの合弁会社事業が開始

日本ガイシとリコーが、ブロックチェーンを活用した電力デジタルサービスと仮想発電所(VPP)サービス提供予定の合弁会社「NR-Power Lab(エヌアールパワーラボ)株式会社」の事業開始を2月1日発表した。日本ガイシとリコーによる合弁会社設立は昨年9月に発表されていた。

「NR-Power Lab」では、日本ガイシが保有する大容量の「NAS電池」など蓄電池制御技術と、リコーが保有するブロックチェーン活用の「再生可能エネルギー流通記録プラットフォーム」を組み合わせ、カーボンニュートラル達成へ向けた再エネ普及拡大のためのサービス提供を行うという。

そのなかで早期事業化を目指すのは、ブロックチェーン技術やIoT技術活用の「電力デジタルサービス」とデジタル技術で様々なエネルギーリソースを統合制御する「仮想発電所(VPP)サービス」とのこと。

「電力デジタルサービス」では、ブロックチェーン技術やIoT技術などで得られる電力データを活用し、地域・企業の脱炭素化や再エネ導入促進へ取り組むという。具体的には省エネ設備・エネルギーマネジメント・太陽光発電設備の運営保守などのソリューション提供を行う。

「仮想発電所(VPP)サービス」では、電力の需給バランスを包括的に調整し、発電量が不安定な再エネの安定的かつ効率的な利用を助けるという。また電源(調整力)を取引する需給調整市場へ、同サービス活用の調整力供出も検討しているようだ。

なお「NR-Power Lab」の資本金は4000万円で、出資比率は日本ガイシが51%でリコーが49%だ。愛知県名古屋市千種区の名古屋医工連携インキュベータ内に事業所を設けるとのこと。代表取締役社長には中西祐一氏が就任。事業開始時の従業員数は11名となっている。

日本ガイシとリコーは昨年5月から、地域新電力会社の恵那電力の再エネの発電から消費、余剰発電の「NAS電池」への充放電も含めたすべてのプロセスのトラッキング(追跡)を、「再生可能エネルギー流通記録プラットフォーム」で行う実証事業に取り組んでいる。また日本ガイシとリコー、岐阜県恵那市およびIHIの4社でブロックチェーン活用の「脱炭素・経済循環システム」の実証事業を2022年10月から開始することも発表されている。

関連ニュース

日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ

岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと

IHIと富士通、ブロックチェーンで燃料アンモニア製造から利用までのCO2排出量を可視化

鹿島建設、ブロックチェーンでコンクリ製造・運搬のCO2排出量見える化へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jittawit.21

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored