フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

エスポラーダ北海道がFiNANCiEでトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、フットサルチーム「エスポラーダ北海道」のトークン新規発行および販売開始を2月1日発表した。

「エスポラーダ北海道」は、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属する北海道出身選手のみで構成されるフットサルチームだ。「道産子の夢をのせて」というチームスローガンを掲げ、北海道民の目標となる選手・クラブを目指して活動している。

今回「エスポラーダ北海道」は「FiNANCiE」のトークン発行と共創型コミュニティを活用して、一方的な従来型のファンクラブからトークンを使った共創型のファンクラブへのリニューアルを目指すとのことだ。

トークン購入者は特典として、コミュニティ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや、保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのこと。

なお今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「エスポトークン」として販売されるとのこと。

「エスポトークン」の初回販売は、2月1日12:00から開始しており、3月27日20:00まで実施される予定だ

「エスポトークン」の販売メニューは、コースによって獲得できるトークン数や特典が異なる。レギュラー5,000pt、ゴールド15,000pt、プラチナ30,000pt、法人30,000ptから70,000ptが用意されている。

購入者には購入pt分のトークン付与に加え、前述した「トークン保有者限定コミュニティへの参加」、「投票企画・抽選応募への参加権」や、他にも「サイン入りアイテムプレゼント」、「記念NFTの配布」、「ホームゲーム終了後の選手交流会参加権」、「ファン感謝祭参加権」、「全ホームゲーム無料招待」、「全ホームゲームアリーナ指定席半額券」、「全ホームゲーム先行入場権」、「推し選手サイン入り色紙」、「オフィシャルサイトへの社名掲載」などが付与される。

なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。また「FiNANCiE」で発行されているトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、「エスポラーダ北海道」選手兼GMの水上玄太氏より以下のコメントを得た。

「クラブ創設15周年を迎える今年から、従来型のファンクラブをトークン発行型ファンクラブにすることで、クラブとファンの間で双方向にコミュニケーションが取れるファンクラブに変える挑戦をします。クラブの伝統である道産子選手で日本一を目指すためにも強いフットサルのプロクラブになり、北海道の子どもたちの夢や目標になる愛されるクラブ作りを目指します。このFiNANCiEでは喜びを共有していけるようなコミュニティを作っていけるようにしたいと思っています。皆様どうぞよろしくお願いいたします」

関連ニュース

アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行

女子バレー「カノアラウレアーズ福岡」、FiNANCiEでトークン発行

アビスパ福岡が日本初スポーツDAO、FiNANCiE発行のアビスパトークン活用で

FiNANCiEが今冬にコインチェックでIEO、フィナンシェトークン(FNCT)販売へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない