米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設

Mythical Gamesがマーケットプレイス開設と企業買収

ブロックチェーンゲーム運営のミシカルゲームズ(Mythical Games)が、NFTマーケットプレイス「Dマーケット(DMarket)」買収と、それに伴った新しいマーケットプレイス「ミシカルマーケットプレイス2.0(Mythical Marketplace 2.0)」のローンチを1月25日発表した。

このマーケットプレイスはミシカルゲームズのレイヤー1EVMブロックチェーン上に構築され、「ミソス(Mythos)」のネイティブエコシステムトークン「MYTH」がサポートされる。

そして「ミシカルマーケットプレイス2.0」へ、Dマーケットの技術が完全に統合されたという。Dマーケットのアンチマネーロンダリングおよび詐欺防止システムを特徴とする混合型決済ゲートウェイが採用された。

ミシカルゲームズは「ミシカルマーケットプレイス2.0」で、将来の「Play-and-Own(遊んで保有する)」に参加しようとするプレイヤーに対し、ピアツーピア(P2P)の取引と権限付与を可能にする摩擦のないユーザー体験を提供するとのこと

また独自チェーンであるミシカルチェーンは、6週間に稼働し200万以上のトランザクションを処理したとのことだ。

なお「ミシカルマーケットプレイス2.0」は、「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」ゲーム「NFL Rivals」と「Nitro Nation World Tour」のアセットに対応し、独自チェーンの全タイトルへ拡張する予定とのことだ。

ミシカルゲームズの共同創設者兼CEOのジョン・リンデン(John Linden)氏は「ミシカルマーケットプレイス2.0は、私たちのプラットフォームを強化するだけでなく、プレイヤー体験の改善と、ゲームの未来の基準を設定するために設計された」と述べている。

「Dマーケット」買収について

「Dマーケット(DMarket)」は、ゲームやeスポーツなどのデジタル資産を取引するためのマーケットプレイスだ。

今回の買収により、Dマーケットのウクライナのキエフオフィスはミシカルゲームズが所有し、Dマーケット共同創設者のヴラド・パンチェンコ(Vlad Panchenko)氏とタマラ・スラノワ(Tamara Slanova)氏は、ミシカルゲームズの経営陣に加わるという。

Dマーケットの共同創設者兼CEOであるヴラド・パンチェンコ(Vlad Panchenko)氏は「ゲーム空間の新たな地平は、常にDマーケットの主な焦点だった。私たちは、革新的なゲーム開発者と繁栄する新しい経済のための参入障壁を減らすためにミシカルゲームズの一部になることに興奮している。私たちは、業界がどのように進化し、私たち全員がどのように貢献し、世界中のゲームコミュニティにさらなる楽しみをもたらすことができるかというビジョンを共有している」と述べている。

ミシカルゲームズは、今回の買収を「重要なマイルストーン」だとし、「Dマーケットの技術により取引プラットフォームが促進される」と述べている。また同社は今後について「ゲーム業界にとって最高かつ最も簡単なマーケットプレイス技術の構築に特に注力する予定」と伝えた。

ミシカルゲームズは、2021年11月に、a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)らから1億5,000万ドル(約170億円)の資金調達を実施している。

なお同社は昨年10月、ブロックチェーンゲーミングエコシステム「Mythos DAO」の始動と、同DAOを管理する「ミソス財団(Mythos Foundation)」を設立したことを発表していた。

関連ニュース

NFTゲーム開発のMythical GamesがシリーズCで約170億円調達、a16z主導で

【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表

アメフトNFL、「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」ゲームに進出

ゲームストップがNFTマーケットプレイス公開、Immutable Xと開発

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、オアシス(OAS)のレイヤー1と2に対応

デザイン:一本寿和
images:iStocks/PerlaStudio・artacet・noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ