「あたらしい経済」1周年を記念してイーサリアムのブロックチェーンにメッセージを刻みました

「あたらしい経済」1周年

本日、2019年6月21日が「あたらしい経済」の一周年記念の日となります。いつも記事を読んでいただいている読者の方々、ラジオを聴いていただいているリスナーの方々、そして私たちのメディアの取材や連載に協力いただきました皆様、この場をお借りしてお礼申し上げます。

私たちはちょうど1年前の今日「これから<あたらしい経済>時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する」をコンセプトに、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)に特化した情報をお届けするメディアとしてローンチいたしました。

ブロックチェーンは世界を変えるかもしれない、そうすれば私たちの生活や仕事は大きく変わるはずで、だからこそこのテクノロジーの素晴らしさもっと多くの人々に伝えたい。

その想いでこのメディアを立ち上げました。

そしてこの1年通して、私たちと同じ想いをもった世界中のトップランナーの方々を取材させていただき、立ち上げる当初「かもしれない」と感じていた予感は、確信に変わりました。

おそらく私たちが思ったよりも早く、ブロックチェーンは世界を変えます。そしてその後の世界が今よりもいい世界なのか、そうでないのか、それを決めるのは、今の私たちの次第なのです。

これからも世界のブロックチェーン業界の発展を願い、より素敵な世界を作れるように、私たちもより一層頑張っていきたいと思っております。

そしてこの1年間、「あたらしい経済」を支えていただきました皆様への感謝の気持ちを、編集部のスタッフの手でイーサリアムの8000489目のブロックに刻みました。もちろんこのメッセージはブロックチェーンが止まるまで、消えることもありませんし、改竄されることもありません。

Transaction Hash:0x34d80528b43cbcf8fd334afad92f6eee65d1155ee00f1cf187a1bf571a249fa1
Block:8000489
Timestamp:Jun-21-2019 08:37:15 AM +UTC

なおこのトランザクションとメッセージは以下で確認いただけます。

→「あたらしい経済」の1周年記念トランザクションとメッセージを確認

(上記リンク先のページ中程の Click to see More をクリック。そしてInput Data:の項目でView Input As を UTF-8 に変更いただくとメッセージが読めます)

これからも「あたらしい経済」をよろしくお願い申し上げます。

「あたらしい経済」編集部一同


(※今回のメッセージの記入に関して、Staked CEO 渡辺創太氏にハンズオンにてレクチャー頂き、編集部の手で直接ブロックチェーンに書き込みました。そちらに関しては近日中に皆様にもブロックチェーンを触っていただけるハンズオン記事として公開させてただきます。お楽しみに!)

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【取材】経理のDXを加速する「LayerX INVOICE」が提供する価値(LayerX 牧迫寛之氏インタビュー)

株式会社LayerXは今週、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE(レイヤーエックス・インボイス)」と弥生株式会社「弥生会計」、ピー・シー・エー株式会社の「PCA会計」、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行シリーズ」との連携を相次いで発表した。

【緊急取材】日本から「世界に繋がる」パブリック・ブロックチェーンを。バイナンスをリード投資家に約2.5億円の資金調達したステイクテクノロジーズ渡辺創太氏インタビュー

日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)の開発企業ステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges Pte Ltd)がバイナンス(Binance)をリード投資家に約2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。 今回の調達にはバイナンスラボ(Binance Labs)をはじめ、ハッシュキー(HashKey)、パカベンチャーズ(PAKA Ventures)、ロングハッシュベンチャーズ(LongHash Ventures)、デジタル・ファイナンス・グループ(Digital Finance Group)ら世界各国の企業が名を連ねる

【徹底解説】IPOを控える米大手仮想通貨取引所「コインベース」が世界に与えるインパクト

2012年創業したコインベースが本格的に上場に向けて動いていることは、アメリカ含め世界各国で大きな話題となっている。2018年の10月にコインベースの企業価値は約8,340億円(80億ドル)と試算されているが、現在はビットコインの価格上昇、ブロックチェーン技術の進展、ユーザー数の増加を含めて、企業価値は1兆円を超えている可能性も考えられる。

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界を牽引する35人の「2021年の展望」

今回は年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を牽引する皆様に「2021年の展望」を寄稿いただきました。これからも「あたらしい経済」は日本のブロックチェーン・暗号資産業界を、業界内の皆様と一緒に盛り上げていけるようにメディア運営をしていきたいと思っております

【独占】流動性も分散化して暗号資産市場のインターバンクを目指す。暗号屋・紫竹佑騎が新サービス「Choja」を語る

サイバーエージェントのエンジニアから暗号資産(仮想通貨)取引所の立ち上げと運営を経て、現在も数々のブロックチェーンプロジェクトに関わっている紫竹佑騎氏。そんな紫竹氏が自身の会社である暗号屋から新サービス「Choja」を〇月〇日にローンチした(※あたらしい経済内部のニュース記事にリンク)。その分散型流動性供給システム/分散型マーケットメイクツール「Choja」とは何か? そしてこのサービスを通じてどんな世界を目指すのかについて語っていただいた。