LINEが日本で仮想通貨取引所を来月開始か、日銀黒田総裁がFacebook「Libra」についてコメント、Bakktが元Googleの重役を採用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

LINEが日本で仮想通貨取引所を来月開始か

・LINE株式会社のグループ会社で、ブロックチェーン関連事業を手掛けるLVC株式会社が、早ければ来月中にも日本国内で仮想通貨(暗号資産)の取引を開始することがブルームバーグの関係者への取材で明らかになった

・今月中にも金融庁の審査を経て仮想通貨交換取引業者として認められる見込みとのこと

・登録完了後、数週間のうちに仮想通貨取引所「BITMAX」を開設し、独自通貨である「Link」を含む仮想通貨の売買や送金サービスを開始する

・LINEは昨年7月シンガポールに仮想通貨取引所BITBOXを開設していたが、日本とアメリカは対象外となっていた

・LINEは20日に「当社が発表したものではなく、正式に決定している事実はない」とのコメントを発表している

日銀黒田総裁、Facebook「Libra」について「当局と連携しながら、動向について注意深く見ていきたい」とコメント

・日銀の黒田東彦総裁が6月20日の記者会見で、Facebookが新たに仮想通貨(暗号資産)「Libra」に関して記者からどのように評価をしているかと質問を受けた

・黒田総裁はそれに対して内容について「Libra」十分承知していないので具体的なコメントは差し控えるとしたうえで「暗号資産は、支払い決済手段として価値を安定させることができるのか、技術上の安全性が確保されるのか。マネロン対策など、関連する諸規制の対応が十分なされるのかといった面で、従来から色々な議論があるところだ。日本銀行としては、どのようなものであれ、支払い決済手段として人々の信任を十分確保し得るのか。それから金融システムにどのような影響を及ぼし得るのかという点も含め、内外の関係当局と連携しながら、動向について注意深く見ていきたいと思っている」とコメントした

マレーシアMDECがブロックチェーン関連業務の外国人短期就労者ビザ発行へ

・マレーシアのMDEC(マレーシアデジタルエコノミーコーポレーション)がブロックチェーンの人材不足に対応するために、テック関連のフリーランサーを対象に短期就労ビザの取得プログラムを発表したことを地元メディアが報じた

・Nem Foundationはこのプログラムに、エストニアのクロスボーダー求人情報を掲載するJobbaticalと協力し、人材に対し必要な能力などの条件定義を行うとのこと

・NemマレーシアのCEO、Jasmine Ng氏は「このプログラムはテックツアーを促進しながら、参加者とマレーシアにいるスタッフの技術レベルが共に成長して行くだろう」とコメントしている

BakktがBakkt Pay開発のために元Googleの重役を採用

・GoogleでUXコンサルタントを20年間勤めたChris Peterson(クリス・ピーターソン)が6月の初旬にBakktに参画したことがThe Blockの報道で明らかになった。業務としては、デジタルアセットのためのモバイルウォレット「Bakkt Pay」の開発、運用を務める予定

・Bakktには、GoogleとPayPalで役員であったMike Blandina(マイク・ブランディナ)がCPO(Chief Product Officer)として務めている

・Bakkt Payは数ヶ月以内でリリースされる予定で、なおBakktは7月22日にビットコイン先物取引のテスト開始を発表している

gumi cryptosがdouble jump.tokyo株式会社との連携を強めるために、株式会社ディー・エル・イーより株式譲受を決議

・株式会社gumiがdouble jump.tokyo 株式会社とさらなる連携を深めるために、株式会社ディー・エル・イーが保有するdouble jump.tokyoの株「891株(持株比率:22.61%)」をgumiの連結子会社であるgumi cryptosが譲り受けたと発表

・株式譲受の概要としては、gumi cryptosと ディー・エル・イーが相対取引にて無議決権株式 891 株を1株につき金 20万1500 円、総額1億7953万6500 円で譲り受けた

・7月1日の株式譲受後に、株式会社gumiはduble jump.tokyoの株を合計2651株(持株比率:67.28%)となる

・なお、株式会社 gumi X Realityが所有していた株1760を7月1日付で、gumi cryptosに承継することになっていて、これにより株式会社ディー・エル・イーは持株比率5.33%保有することになる

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。