日本人起業家開発の「Intmax」、スイスのブロックチェーンプロジェクトのトップ50に選出

Intmax、スイスのBCプロジェクトのトップ50に選出

リョダンシステムズ(Ryodan Systems)開発のzkRollupプロジェクト「イントマックス(Intmax)」が、スイスのCrypto Valleyにある企業1135社から「CV VC Top 50 Report」でトップ50に選出されたことを1月17日に発表した。

「CV VC Top 50 Report」とは、スイスに拠点を置くベンチャーキャピタル CV VCがBank Frickと共同で、Crypto Valleyで最もパフォーマンスの高いブロックチェーンプロジェクトTOP50を市場評価額、資金調達額、従業員数に基づいて分析した定期レポートだ。なおIntmaxが掲載されたのは、同レポートの2022年度、第8版だ。

Intmaxはスケーラビリティとプライバシーの両立を実現するイーサリアムレイヤー2の開発を進めている。Intmaxの今後のロードマップとしては、2023年Q2にイーサリアムメインネット上で試験運用開始し、2023年Q4にIntmaxのメインネットローンチを予定、そのタイミングで自由なバリデーター/マイナーの参加も可能になるとのこと。

Ryodan Systems代表取締役の日置玲於奈氏は「世界中から暗号プロジェクトが集まるスイスで、Ethereum FoundationやDFinity Foundationといった巨大プロジェクトを支持する財団と並び、1135社の企業の中からTOP50にIntmaxがランクインしたことは、Intmaxのコミュニティの大きな成果だと考えております。国内外のIntmaxコミュニティが、Ethereumの暗号技術をベースとした新しい社会インフラの構築と利用に並はずれた情熱を持って参加していることが、今回のCV VCとBank Frickの共同調査での高評価に繋がっています。数年後に、Intmax testnetへ最初に参加したり、このランキングを見た2023年の年始頃が、コミュニティによる不可逆で大きな変化の前兆だったことが思い返されると確信しています」とコメントしている。

なおこのレポートではIntmaxの他に、DFINITY、AAVE、Concordium、Gnosis Safe、Curve、Cosmos、Ethereum、NEAR、Sygnum、Web3 Foundation等が選出されている。

参考:Intmax

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored