バイナンスがビットコインとのペッグ通貨「BTCB」発表、リップルがマネーグラムと戦略的パートナーシップ締結などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

バイナンスが独自ビットコインのペッグ通貨「BTCB」を発行予定

・仮想通貨取引所バイナンス(Binance)がビットコインに連動したペッグ通貨(ステイブルコイン)「BTCB」をBinance Chain上で発行する予定であることをの公式ブログで発表した

・ユーザーは「BTCB」をBinance DEXでの取引に利用することができるようになる

・発行理由は、BTC、Ethereumなどの主要通貨のブロックチェーンとBinance DEXが基盤となっているブロックチェーンが異なるため、現在、相互互換性がないから。そのためバイナンスはBEP2プロトコルにより所有する9001BTCを担保にBTCBを発行し、BTCとBTCBの価格のスプレッドは0.1%前後に維持する。そしてバイナンスはユーザーが裏付けBTCを常に確かめられるように、BTCの準備金アドレスを公開している

リップルがマネーグラムと戦略的パートナーシップ締結を発表

・リップルが米大手送金会社マネーグラム社と戦略的パートナーシップを締結したことを正式に発表した

・今回の提携は2年間の初期期間があり、この期間マネグラムはリップルのxRapid製品を採用する

・またリップルはマネグラムに対して5,000万ドル(約54億円)を資本契約を締結し、これによりマネーグラム社は株式と引き換えにリップル社からこの資本を受け取ることが可能となる

・マネーグラム社のCEOであるAlex Holmes氏は「RippleのxRapid製品を通じて、24時間365日、米ドルから目的通貨に即座に資金を決済することができます。これにより、業務に革命をもたらし、グローバルな流動性管理を劇的に合理化する可能性があります。」とコメントをしている

コインチェック事件ロシア系ハッカーが関与の可能性か

・コインチェック社員のPCよりロシア系グループの関与が指摘されるマルウェアが検出されていたことが関係者の話で分かったと朝日新聞の報道 で明らかになった

・検出されたマルウェアは、「Mokes」(別名でSmoke Bot)と「Netwire」の2種類で、ともにPCを乗っ取り遠隔操作をするタイプ

・「Mokes」は2011年6月にロシア語の闇掲示板で初めて売り出され、ロシア系ハッカーの間で使われているとのことで、これまでの北朝鮮関与の事例で確認されたことがないという

・調査の過程でこの2種のマルウェアを用いた仮想通貨取引所への攻撃事例は2016年以降他国でも複数確認された

・3月にまとめられた国連の北朝鮮制裁委員会専門家パネルの報告書では、ロシアのサイバーセキュリティー会社の調査を添付資料として掲載し、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」の事件への関与を示唆していた

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。