インドネシア政府、暗号資産取引所を年内に設立か、金融庁監督の移行も=報道

インドネシア政府、暗号資産取引所を設立か=報道

インドネシア政府が、2023年内の暗号資産(仮想通貨)取引所設立の計画をしていると1月4日にブルームバーグが報じた。

現在、インドネシアにおける暗号資産は商品先物取引監督庁(Bappebti)の監督下で商品先物(コモディティ)と並行して取引されている。将来的に、暗号資産への監督は商品先物取引監督庁から金融庁へ移行していくという。

Bappebtiの代表代行を務めるディディッド・ノルディアトモコ(Didid Noordiatmoko)氏は「広範な金融セクター改革の一環として、金融庁は今後2年間で資産に対する規制権を引き継ぎ、その時までに取引所を設立する必要がある」とブルームバーグに伝えたとのことだ。

なおインドネシアは、唯一の法定通貨であるルピアと暗号資産が競合することを警戒しつつも、暗号資産を支持してきているという。そしてインドネシアの中央銀行は暗号資産に関する白書を発行し、最近成立した法律では、暗号資産とデジタル資産を規制対象の金融証券として認めているとのことだ。

ちなみにインドネシアの暗号資産投資家の数は、2021年末の1120万人から2022年の11ヶ月間で1600万人に増加しているようだ。また同国における暗号資産の取り扱いは、国内での支払い方法として禁止されている。ただし取引は合法となっている。

参考:ブルームバーグ
images:iStocks/manius-bahabol

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored