兵庫県「はばタンPay」と岐阜県関市「せきpay」、プレミアム付電子商品券をCordaで発行

Cordaで発行「プレミアム付電子商品券」が新たに2地域で導入

兵庫県発行のデジタル食事券「はばタンPay」と、岐阜県関市発行のデジタル商品券及び給付事業「せきpay」が、まちのわ社が提供するブロックチェーン活用の情報プラットフォームで発行された。SBIホールディングスが12月26日発表した。

まちのわ社はSBIホールディングス、九州電力及び筑邦銀行の3社による合弁会社。まちのわ社が提供する情報プラットフォームの基盤には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。「Corda」は、SBIの子会社SBI R3 Japanが国内の販売およびサポートを行っているブロックチェーンだ。

まちのわ社は、プレミアム付電子商品券をブロックチェーンを活用して電子的に発行することで利用者が申込から購入、決済までの一連の手続きなどをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能になると説明している。また精算に必要な手続きの効率化やポストコロナ社会に適応した形で地域経済の活性化および利用者の利便性向上を実現できるとしている。

なお兵庫県の「はばタンPay」は発行総額28億円でプレミアム率25%を含んだ販売総額は35億円になる。販売単位は1万円で購入限度は1名あたり4万円となる。利用期間は12月19日~2023年2月28日となる。

また岐阜県関市の「せきPay」については発行総額1.6億円でプレミアム率50%を含めた販売総額は2.4億円になるとのこと。販売単位は1,000円で購入限度は1名あたり4,000円。利用期間は12月5日~2023年2月28日となるとのこと。

なお、まちのわ社提供の情報プラットフォームは今までにも、九州地区や島根県、山形県などの自治会で導入されており、今回の2地域への導入で48地域目になったとのことだ。

関連ニュース

Cordaで発行「プレミアム付電子商品券」が大分県由布市、佐賀県鳥栖市、福岡県古賀市の3地域に導入

Cordaで発行「プレミアム付電子商品券」、大阪府松原市や茨城県鹿嶋市など9地域に導入

福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行

熊本県天草市、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で「子育て特別クーポン」発行へ

福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yugoro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored