米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール提供開始

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール提供開始

米決済企業ストライプ(Stripe)が、法定通貨から暗号資産(仮想通貨)への変換ツールの提供開始を12月1日に発表した。

開発者はこの変換ツールのコードをDEX(分散型取引所)、NFTプラットフォーム、ウォレット、dApps(分散型アプリ)に直接コーディングして使うことができるようになった。なおこのツールは複雑なKYC(顧客の本人確認)要件も満たしているとのことだ。また開発者はこの機能のツールに対してカスタマイズ可能となっている。

そしてこの変換ツールによりサービスのエンドユーザーは法定通貨を使い、NFTなど決済に暗号資産が必要なものを即時決済できるようになるという。またエンドユーザーは、支払い情報とID情報を「リンク」に保存して使う必要がある。

この変換ツール提供に際し、ストライプはweb3企業11社とパートナーシップを発表した。11社にはNFTマーケットプレイスのマジックエデン(Magic Eden)、ソラナ(Solana)基盤のDEX(分散型取引所)オルカ(Orca)、ウォレット提供のアージェント(Argent)などが名を連ねる。

ストライプは2021年10月よりweb3領域へ本格的に参入しており、暗号資産専門チーム「stripe Crypto」を立ち上げた。チームの目的はweb3ペイメントの未来を築き上げることとしている。

そして今年4月に、ストライプはツイッターと連携して、ツイッタースペースなどでユーザーが得た収益を暗号資産で受け取ることのできる機能を一部ユーザーに試験導入した。その際にストライプはポリゴン(Polygon)ネットワークの米ドルステーブルコイン「USDC」での支払いに対応した。

参考:Stripe

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された