フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表

フレアネットワークがFLRのエアドロップ日程を発表

フレアネットワーク(Flare Network)が、同ネットワークのネイティブトークンであるFLRのエアドロップ実施日程を12月1日に発表した。

エアドロップの実施日は2023年1月9日とされており、この日から2週間以内でエアドロップ対応する取引所を通じて配布が行われるとのこと。

現時点でエアドロップへの対応を表明している取引所はバイナンス(Binance)、フォビ(Huobi)、クラーケン(Kraken)、OKXなど27社となっている。

なお国内取引所についてはビットバンク、コインチェック、SBI VCトレード、フォビジャパン、DMM Bitcoin、ビットポイントジャパンの6社がFLRの流通をサポートできるよう日本暗号資産取引業協会(JVCEA)や金融庁と調整を行っているとのこと。また、現在対応を確認中の国内取引所はbitFlyer、Amber Japan、サクラエクスチェンジビットコインの3社となっている。

各ユーザーのFLRの請求可能量は、2020年12月12日時点におけるXRPの保有量によって決定される。最初のエアドロップでは各ユーザーの請求可能量の15%のみが配布され、その後25か月以上をかけて残りのトークンが配布されるとのこと。

フレアネットワークはXRP上にスマートコントラクト機能を導入することを目的として構築された分散型ネットワークである。イーサリアム・バーチャル・マシン(EVM)を統合したネットワークを構築することでスマートコントラクトの実行を可能にし、ネットワーク上で分散型アプリケーションエコシステムを展開することを目指している。FLRはフレアネットワークのネイティブトークンであり、トランザクション手数料の支払いやガバナンス投票に使用することができる。

フレアネットワークは2020年8月に、FLR(旧Spark:スパーク)をXRPと同量発行してXRP保有者に1:1の割合でエアドロップすることを発表していた。

またフレアネットワークは今年10月28日にネットワークをベータ版へ移行したことを発表している。

関連ニュース

ビットバンク、Flare Networksのフレア(FLR)上場へ

リップル社、アフリカ大手決済企業MFS Africaと提携

コインベースウォレット、BCH・ETC・XLM・XRPをサポート対象外へ

フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表

暗号資産取引所エクシアデジタルアセット(旧LastRoots)に行政処分、業務停止・改善命令

参考: Flare1Flare2
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BSVIT・Alexey-Brin

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された