経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開

FTXが従業員への支払いを再開

今月経営破綻に至ったFTXグループのFTXトレーディングとその関連会社約100社が、世界中の従業員への給与の支払いを再開したと11月28日発表した。給与の他にも従業員に対する福利厚生や、米国以外の特定の請負業者及びサービスプロバイダーに関する支払いも再開したとのことだ。

なお同社の元CEOであるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏や共同設立者のゲイリー・ワン(Gary Wang)氏、エンジニアリング部門を統括していたニシャド・シン(Nishad Singh)氏、アラメダのCEOキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏、またはその「家族関係にある人」は今回の措置対象外となり、何も支払わないとのことだ。

またFTXグループは、連邦破産法第11章を申請した11月11日以降に提供したすべての商品及びサービスに対し、通常通りベンダーやサービスプロバイダーに支払いを行うとしている。

なお今回の救済措置はFTX債務者の従業員または請負業者にのみ適用され、バハマとオーストラリアにおいては、バハマの規制下にある暗号資産取引所FTXデジタルマーケット(FTX Digital Markets:FDM)及びFTXオーストラリア(FTX Australia Pty Limited および FTX Express Pty Ltd)の従業員や請負業者には適用されないとのことだ。

その理由としてFDMとFTXオーストラリアは、それぞれの国ごとの別の清算手続きの対象であり、米国における連邦破産法第11章の適用対象には含まれないためとしている。

同社の新CEOジョン・J・レイ三世(John J. Ray III)氏は「裁判所が初日の申し立てを承認し、グローバル・キャッシュ・マネジメントに取り組んだことで、FTXグループが世界中の残存従業員への給与や福利厚生の通常の現金支払いを再開していることを嬉しく思う」と述べており、「FTXは事業運用を維持するため、破産裁判所が承認した制限に従って支払いを行っている。これらの支払いが一時的に中断されたことで課された困難は認識しており、大切な従業員とパートナーの皆様の支援に感謝している」と続けた。

FTXは、自社が発行するFTXトークンの価格暴落を受け資金不足に陥り、結果11日に関連会社約130社を含むFTXグループが米国連邦破産法第11条(チャプター11)を申請することになった。

またこの影響を受け28日に、FTXから融資を受けていた米暗号資産レンディングサービス提供のブロックファイ(BlockFi)が、チャプター11をニュージャージー州地区連邦破産裁判所に申請している。

関連ニュース

FTXグループが米国で破産申請、サムはCEO辞任

FTX破綻、米投資家が広告塔の大谷翔平や大坂なおみらも提訴

テマセク、破産のFTXへの投資額2.75億ドルを全額減損処理に

バハマ警察、FTXへ犯罪捜査開始

FTXがオーストラリアで事業展開、「FTXオーストラリア」設立

デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された