【速報】FTXグループが米国で破産申請、サムはCEO辞任

FTXグループが米国で破産申請、サムはCEO辞任

FTXトレーディング(FTX Trading)のFTX USおよびアラメダリサーチ(Alameda Research)を含む関連会社約130社(FTXグループ)が、連邦破産法第11章を申請し手続きを開始したことを11月11日に発表した。なおFTX Japan HoldingsやFTX Japanも含まれている。

FTXのサム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried:SBF)氏は、最高経営責任者(CEO)を辞任した。ただサム氏は破産手続きを遂行するため組織には残る予定だ。

また各国のFTXグループの多くの従業員は、連邦破産法第11条の手続き中もFTXグループに留まるという。なお新たにジョン・レイ(John J. Ray)氏が最高経営責任者となり、独立した専門家の業務を支援していくとのことだ。

新たにFTXグループのCEOとなったジョン・レイ氏は「連邦破産法第11条の適用による即時救済は、FTXグループの状況を評価し、ステークホルダーのために最大限の回収を行うプロセスを開発する機会を提供するために適切なものです」とし、さらに「FTXグループは、組織的かつ共同のプロセスにおいてのみ効果的に管理することができる貴重な資産を持っています。 私は、すべての従業員、顧客、債権者、契約当事者、株主、投資家、政府当局、その他のステークホルダーに、私たちがこの取り組みを真摯に、徹底的に、透明性をもって行うことを保証したいと思います」と伝えている。

またステークホルダーには、事態が急展開していること、新しいチームがつい最近従事するようになったことを理解してもらいたいとしている。なおLedgerX LLC、FTX Digital Markets Ltd.、FTX Australia Pty Ltd.、FTX Express Pay Ltd.は連邦破産法に適応せず、対象外となっている。

FTXは自社が発行するFTXトークン(FTT)の価格急落を受けて資金不足に陥っていた。

FTTの価格が急落した発端は、アラメダリサーチの財務情報が流出したことから始まった。アラメダの資産146億ドルのうち、その多くがFTXが発行したFTXトークン(FTT)であり、また負債の一部についてもFTTで構成されていたことが明るみになった。FTTを担保にしたローンも確認されており、FTTの売買によって資金を調達していた可能性が伺える。

このFTTの流動性に懸念を示した大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)のCEOであるCZ氏は、自社が保有していた多額のFTT全て(FTXからの株式撤退により同社から得たFTTとBUSD合わせて当時の価格で20億ドル相当といわれている)を売却するという方針を6日に示していた。このことが市場に対し大きな売り圧となり、FTTの価格が急落。先週末には約20ドルだったFTTの価格は約3ドルまで急落していた。これによりFTT流通額と同額の資産を保有していなかったFTXは資金難に陥った。

関連ニュース

「手に負えない」バイナンスがFTX買収の方針を撤回

SECゲンスラー委員長、米国規制に準拠しない暗号資産業界を非難、FTXの混乱で

バハマ当局、FTX子会社「FTXデジタルマーケット」の資産凍結

FTXがトロンとスワップ契約合意、FTX内のTRX急騰

FTX Japanに行政処分、関東財務局が業務の停止・改善を命令

参考:FTX
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。