DAO構築ツール開発XDAO、トークンで約3.1億円調達

XDAOが約3.1億円調達

マルチチェーンにDAOを構築するためのツールを開発するXDAOが、230万ドル(約3.1億円)のシードラウンドをクローズしたことを11月26日に発表した。XDAOの拠点はシンガポール。

今回のトークンラウンドに参加した投資家は、PANONYGroup、HelloTelos、Crypto Global Utd、DwfLabs、Grizzlycapitalx、CSP DAP 、Afford Capital 、YellowRocksVCなどだという。また後援(Bakcers)のブロックチェーンは、BNB CHAIN(BNB)、Polygon(Matic)、Astar Network(ASTR)、Near Protocol(NEAR)、TRON(TRN)などとなっている。

XDAOが開発するDAO作成ツールでは、ユーザーがDAOに暗号資産(仮想通貨)を預けたり、投票に参加したり、DAO運営するDeFiプロトコルと直接対話することなどができるという。

またXDAOは、自社ツールを活用した将来的なDAO事例として「ベンチャー投資(Venture Investments)」、「ヘッジファンド(Hedge Funds)」、「ゲームギルドおよびNFTファンド(Gaming Guilds & NFT Funds)」などを挙げている。

参考:XDAO
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored