【取材】Thirdverse、前澤友作のMZ Web3ファンドらから約20億円調達

Thirdverse、MZ Web3ファンドらから約20億円調達

ブロックチェーンゲームやVRゲームを開発するThirdverseが、約20億円を調達したことを11月22日に発表した。今回の資金調達は、前澤友作氏が率いるMZ Web3 ファンドがリードした。その他の投資参加者は8DAO、B Dash Ventures、double jump.tokyo、Fenbushi Capital、FLICKSHOT、Holdem Capital、KUSABI、OKCoinJapan、OKX Ventures、Yield Guild Gamesだ。

今後、同社はゲームクリエイターを中心にグローバルでの採用強化を行い、ブロックチェーンゲーム・VRゲームの新規開発に注力していくとのことだ。ちなみに2023年にかけて10本以上のブロックチェーンゲームのリリースを予定しているという。

同社は2022年1月にブロックチェーン関連事業を管轄する子会社であるSWORD PTE. LTD.をシンガポールに設立した。そして3月にはドリコムと、4月にはKLabの戦略子会社BLOCKSMITH&Co.と、ブロックチェーンゲームの開発・運営に関する基本合意契約締結を発表している。また9月に元・ディー・エヌ・エー代表取締役社長の守安功氏が事業部長に就任し、10月にはBLOCKSMITH&Co.との共同開発による新感覚ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」を発表した。同社はアンバサダーとしてプロサッカー選手の長友佑都氏を起用している。

ちなみに「キャプテン翼 -RIVALS-」は2022年内にローンチする予定であり、トークンのIEO(Initial Exchange Offering)も実施する計画となっている。そして今月同社はポリゴンスタジオ(Polygon Studios)と提携し、キャプテン翼ゲームにポリゴン(MATIC)を採用することも発表した。

MZ Web3 ファンドの前澤友作氏は「ブロックチェーンゲームやVRゲームを通じて世界中のユーザーに日本のIPを届けるThirdverseさんに出資させて貰いました。ブロックチェーンゲームの魅力は、DAOを通じてユーザー同士、または運営とユーザーがインタラクティブに交流して一緒にゲームを創り上げていく体験にあると思います。 先日発表のあったキャプテン翼のブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』も是非遊んでみて欲しいです。國光さん率いるグローバルチームで、日本から世界に挑戦するThirdverseを応援しています!」とコメントしている。

Thirdverse代表取締役CEOの國光宏尚氏へ取材 

「あたらしい経済」編集部は、Thirdverse代表取締役CEOの國光宏尚氏へ取材を行った。

–FTX破産が短期的にGameFiへ与える影響、そしてGameFi市場の見通しについて説明していただけますか?

短期的にはもちろんネガティブだと考えています。ただ、新規のユーザーが参入するコストがフィアットベースで安くなるので、より多くの新しいユーザーの参加を促す機会になるとも考えております。

Thirdverseは BLOCKSMITHさんと共同開発で『キャプテン翼-RIVALS-』をローンチします。多くのユーザーに楽しんでもらえるゲームを作り出すことが、冬の時代を終わらせる鍵になると信じています!

未来は予想するものではなく創造するもの。皆んなで協力して新しい時代を切り拓いていきましょう!

参考:Thirdverse

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。