アップル、NFTにも最大30%手数料の方針

アップル、NFTにも最大30%手数料の方針

米アップル(Apple)が、App Storeのポリシーを更新し、iOSアプリによるNFT使用を制限する方針を示した。つまりアップルはNFTサービスのアプリにも従来通り30%の決済手数料を徴収することになる。

更新されたApp Storeのポリシーによると、アプリ側がボタン、外部リンク、またはユーザーをアプリ内購入以外の購入メカニズムに誘導するその他のアクションへの呼び出しを含むNFTを使用することを禁止している。

具体的にアップルは「App Storeでは、アプリ内課金を利用して、鋳造(ミント)、上場、譲渡など、NFTに関連する販売サービスやNFTの販売ができます。アプリは、NFTの所有がアプリ内の特徴や機能をアンロックしないことを条件に、ユーザーが自身のNFTを閲覧することを許可できます。ただしアプリには、ボタン、外部リンク、またはユーザーをアプリ内購入以外の購入メカニズムに誘導するその他のコール・トゥ・アクションを含めてはなりません」と新しいポリシーで説明している。

なお現在NFTの主流マーケットプレイスであるオープンシー(OpenSea)は、アプリ内でNFTの購入ができない仕様となっている。

参考:Apple
images:iStocks/PhillDanze

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も