Bit Payがポリゴン(MATIC)サポート開始、支払いオプション拡張

ビットペイがポリゴンのサポートを開始

暗号資産(仮想通貨)サービスプロバイダーのビットペイ(BitPay)が、ポリゴン(Polygon)ネットワークのサポート開始を10月26日発表した。

これによりユーザーは、ビットペイのウォレットからポリゴンのネイティブトークンであるMATICを購入し、USDC、DAI、BUSD、WBTCなどのポリゴンネットワークでサポートされているERC-20トークンの購入、保存、交換、使用が可能となるとのこと。

なおビットペイでは今回のMATICの他に、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム (ETH)、ライトコイン (LTC)、ドージコイン (DOGE)、シバ(SHIB)、エイプコイン (APE)、USドルコイン (USDC)、パックスドル (USDP)、ジェミニドル (GUSD)、バイナンスUSドル (BUSD)、ダイ (DAI)、ラップドビットコイン (wBTC)、サークルユーロ コイン (EUROC)がサポートされている。

なおビットペイの暗号資産決済ソリューションは、スイスの高級時計タグ・ホイヤー(TAG Heuer)のECプラットフォームやネクソンアメリカ(Nexon America)提供の一部ゲーム内アイテムの購入、高級ワインオークションハウスであるAcker(アッカー)など多くのブランドや企業に採用されている。

関連ニュース

国内初、SBI VCトレードでポリゴン(MATIC)ネイティブトークン上場、アバランチ(AVAX)も 

GUCCI、米国一部店舗でエイプコイン(APE)決済対応 

タグホイヤーが暗号資産決済対応、「BitPay」で 

ポリゴン、ゼロ知識証明活用Layer2のテストネット「Harmez」開始へ 

【取材】SBI VCトレード、自動円転機能搭載web3ウォレット提供へ、日本円でオンチェーンNFT売買可能に、ポリゴン(MATIC)対応 

参考:ビットペイ 
デザイン:一本寿和

images:iStocks/whitehoune・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない