中国政府マイニング禁止を検討か、AugurがVersion2へアップデート予定、SAMURAISecurityがブロックチェーンスポーツテック事業開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

中国政府が仮想通貨マイニング禁止を検討

・中国の国家発展改革委員会(NDRC)は8日に公表した「産業構造の調整指導リスト」の草案で、仮想通貨のマイニングを「淘汰すべき産業」に分類した。今回の草案は5月7日まで意見を募集する

・ブロックチェーンメディア「The Block」は、本ニュースに関して「NDRCは同じ提案を2011年にも行なっており、未だに実行されていないので、実現するとしても数年かかる可能性がある」と論じている

Augur(REP)がVersion2へアップデートすることが明らかに

・仮想通貨Augur(REP)がVersion2へアップデートすることがブログで告知された

・今回のAugurの大きなアップデートで、DAI建てで予測市場に参加することができるようになり、またERC20からERC777に規格を変更される

《お詫びと訂正》
4月10日に公開したこちらのニュースの解説で「Version2へのSwichを60日以内にしなければ、所有しているREPは無価値になるので所持者は注意が必要」と記事内に記載、およびラジオでそのような内容をコメントいたしましたが、誤りでした。正しくは「Version2に存在するマーケットでフォークが発生した場合、フォーク発生から60日以内にREPを移行しなければ無価値になる”可能性が高い”」とのことです。この度間違いをツイッターにてご指摘いただきました CrystalBallBe様 ありがとうございました。

Quantstampがスマート・ドバイ・グローバルブロックチェーン・チャレンジで優勝

・Quantstamp(クオントスタンプ)がSmart Dubai Global Blockchain Challenge 2019で優勝したことを公式ブログにて発表

・Smart Dubai Global Blockchain Challengeは政府機関であるSmart DubaiとDubai Future Accelerators社が組織をする、UAE政府のブロックチェーン戦略のひとつ

・QuantstampのCEOリチャード・マ氏は「Quantstampがアラブ首長国連邦とドバイ市のブロックチェーン戦略の実行とセキュリティーにおいて積極的な役割を果たすことを確実にするために、UAEにおける新しいネットワークに積極的に参加する」とコメント

Operaがウォレット搭載のWeb3ブラウザ「Reborn3」をローンチ

・Operaが仮想通貨ウォレット搭載のPC向けWeb3ブラウザ「Reborn3」をローンチ

・Opera社によると、Reborn3はMac、windows、Linuxで利用できる。このブラウザソフトには仮想通貨ウォレットが搭載されているのでMetamaskなどブラウザウォレットは必要ない

・このウォレットでは、ERC20規格のトークン、さらにERC721のトークンも保管できる。さらにこれからiOSやAndroidのブラウザでも実装していく予定とのこと

為末大氏らが出資するSAMURAI Securityがブロックチェーンでのスポーツテック事業を開始

・ブロックチェーンを活用した応援テックソリューションを開発するSAMURAI Security株式会社がスポーツチームとファンのエンゲージメントを深めるサービス「Esporta(エスポルタ)トライアル版」を富山グラウジーズ(Bリーグ1部)へ提供し、ブロックチェーン技術を活用したスポーツテック事業を2019年4月10日より開始することを発表

・Esporta(エスポルタ)は、スポーツチームや選手とファンのエンゲージメントを強固にし、ファンのダイレクト課金型援助によってチームが活動資金を得るWebサービス

・このサービスではダイレクト課金型の資金援助が可能になる「寄せ書き」機能があり、ファンは応援したい選手に直接応援メッセージと活動資金を贈り、選手は感謝の気持ちを動画やチケットなどの「限定アイテム」に込めてファンへ返礼することができる

・さらに寄せ書き機能の利用回数やダイレクト課金額などに代表される、ファンの「応援の熱量・行動量」を数値化、ファンの熱量・行動量に応じて「応援ポイント(仮称)を付与します。応援ポイントはブロックチェーン技術を利用した専用トークンとして発行される。ファンコミュニティにおける影響力や情報発信力を可視化することで、応援への動機づけや応援の促進を狙う

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が仮想通貨詐欺に注意喚起

・一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が公式サイトで仮想通貨取引に関連した詐欺行為ならびに悪徳業者への注意喚起

・「副業コンサルタント」等を名乗って、仮想通貨取引所の口座開設や取引に対してサポートや助言を行うかわりに、アドバイス料/サポート料として多額の金銭を要求する事例が複数確認されているとのこと

・仮想通貨関連取引の勧誘行為は、仮想通貨交換業に該当する場合があり、無登録の業者が実施している可能性がある。このような行為を受けた方や実際に取引を行なっている可能性がある方は、速やかに最寄りの警察窓口や金融サービス利用者相談室(金融庁)へご相談くださいとコメントしている

・また和歌山西署の発表によると、4月8日和歌山県和歌山市内の50歳代の男性が、仮想通貨をだまし取られる特殊詐欺事件が発生したとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

FSBが「ステーブルコインは仮想通貨より脅威」とコメント、Cryptoeconomics Labがイーサリアム財団Ecosystem Support Programへ⽇本初採択などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

FSBが「ステーブルコインは仮想通貨より脅威」とコメント、Cryptoeconomics Labがイーサリアム財団の運営するEcosystem Support Programへ⽇本初採択、ZaifがNEMアップデートに関する対応を発表、ドバイのエマールグループが独自トークン「EMR」を発行へ、Braveブラウザの月間アクティブユーザー数が800万人突破、マイアミ国際空港にビットコインATMが設置

EYがEYOpsChain Public Finance Managerを発表、SBIとNECが分散型台帳活用の金融機関向け事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨発行を2013年から検討などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

EYがEY OpsChain Public Finance Managerを発表、SBIセキュリティ・ソリューションズとNECが合弁会社を設立し、分散型台帳技術を活用した金融機関向けソリューション事業を展開、カナダ銀行がデジタル通貨の発行を2013年から検討し続けていることが明らかに、MRIと近鉄グループが、ブロックチェーンを活用したデジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」を実用開始

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨投資分析PFローンチ、WyreがApple PayGoogle Payで仮想通貨購入できるサービス発表、米内国歳入庁が仮想通貨納税者へのガイダンス更新などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨の投資分析プラットフォームをローンチ、WyreがApple PayとGoogle Payを利用して仮想通貨を購入できる新サービスを発表、アメリカ内国歳入庁が仮想通貨に関する納税者へのガイダンスを5年ぶりに更新、Kikがサービス継続へ

Libra協会に21団体が正式加盟、ホンダBMWらブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereum発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libra協会に21の企業と組織が正式に加盟、ホンダやBMW自動車大手5社が、電気自動車によるブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereumを発表、バイエルンミュンヘンがストライキングとライセンス契約を発表

Devcon5大阪閉幕、イーサリアム財団宮口あや氏が4日間を振り返る、TBSがブロックチェーンでの再生エネルギーを利用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪が閉幕 、TBSホールディングスがブロックチェーンを活用した再生エネルギーを利用、CFTC委員長がETHは金融商品だと発言、AlipayとWeChatPayがBinanceのOTC取引との連携を否定、Maker財団がDAIの新仕様「MCD」を11月18日より提供開始

マークザッカーバーグ氏が米下院公聴会に参加へ、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、LayerXが「Ethereum Foundation Grants Program」に採択などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マークザッカーバーグ氏が10月23日に米下院の公聴会に参加することが明らかに、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、Wechat、Alipayと連携、LayerXによるCBC Casperの研究が評価され「Ethereum Foundation Grants Program」に採択、JCBと富士通がデジタルアイデンティティー領域における共同研究を開始

ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ、WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libraを立ち上げへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ、WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libra立ち上げへ、bitFlyerがカリウスの不正ログイン検知サービスを導入

Devcon5大阪開幕、NuCypherがPolychainやYCombinator等から1,067万ドル資金調達、NY州金融規制当局がブロックチェーン専門家募集などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪本日開幕、アブダビでブロックチェーンを活用した土地登記へ、NuCypherがPolychain、Y Combinator、Bitmainなどから1,067万ドルの資金調達、ニューヨーク州金融規制当局が仮想通貨、ブロックチェーンの専門家を募集

PayPalがLibra協会から脱退、Consensysがinfura買収、LINEとLVCと野村HDがブロックチェーン領域事業での資本業務提携完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

PayPalがLibra協会から脱退することが明らかに、ConsensysがEthereumの開発プロバイダー企業「infura」を買収、LINE、LVC、野村HDがブロックチェーン領域事業での資本業務提携を完了、ハイパーレッジャーが新プロジェクト「Hyperledger Avalon」を発表、コインチェックが、ガス料金の支払いでビットコインがもらえる、使えるサービス「Coincheckガス」を提供開始