ダッパーラボがロシア関連のアカウント一時停止、EUの金融制裁により

ダッパーラボがロシア関連のアカウントを一時停止

ブロックチェーン開発企業ダッパーラボ(Dapper Labs)が、EU(欧州連合)によるロシアへの新たな金融制裁により、ロシア国民やロシアと繋がりのあるアカウントを一時停止した。ダッパーラボが同社のサポートページを更新し「ロシアのコレクターに影響する制限」を追加したことで明らかになった。

EUはロシアによるウクライナ侵攻を受けて今月6日、ロシアとロシア国民に対して新たに金融関連の制裁を課している。この制裁には暗号資産(仮想通貨)関連サービスの制裁も含まれているとのこと。

今回の制裁にはロシアに関わりのあるアカウントについて、ウォレット内の金額に関係なく、いかなる暗号資産ウォレットやアカウント、保管サービスの提供が禁止されているという。

これにより、EUの規制対象となるダッパーラボの支払い処理およびストアドバリューサービスのパートナーは、ロシアに関わりのあるアカウントについてEUの法律に沿った対応をするよう指示されているとのこと。

そのためダッパーラボでは「全ダッパースポーツにおける任意のモーメントの購入、販売、付与」、「アカウントからの出金」、「残高からの購入」が停止されるとのことだ。

しかしダッパーラボはアカウントの閉鎖をすることはないため、これらの制限を受けるユーザーは引き続きNFTにアクセスしてNFTを表示できるという。またユーザー自身が所有する全モーメントと全残高は引き続きユーザー自身の所有物として管理できるとのことだ。

なおEUの政策執行機関である欧州委員会(EC)は今年3月、ロシアとベラルーシに対する経済制裁に暗号資産を適用することを発表している。

関連ニュース

EU、ロシアとベラルーシへの経済制裁を暗号資産にも拡大

EU理事会が暗号資産市場の規制法案「MiCA」可決、24年に法制定

ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ

ダッパーラボのアメフトのNFTプラットフォーム「NFL ALL DAY」正式ローンチ

米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で

参考:Dapper Labs
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している