日本IBMが大手製薬企業らと連携しブロックチェーン活用推進発表、ビットトレントがライブストリーミングサービス、コインチェック代表取締役会長にマネックス松本大氏などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

日本IBMが製薬企業や医療団体と連携し、信頼性と透明性を高めることができるブロックチェーン技術の活用推進を発表

・日本IBMがブロックチェーン技術を用いて、医療・製薬業界における安全、効率的、かつ規模の拡大に対応できる情報交換の仕組みの構築を推進するため、製薬企業や医療団体など20の企業や団体と2018年10月から協議を行い、医薬品などのサプライチェーンや医療データ交換のプラットフォーム構築に向け、関連する実証実験を2019年中に実施することを目指すと発表

・また同社はその検討領域の例として、「医薬品などのサプライチェーンへのブロックチェーン技術の適用」や「EHR/PHRなどの医療関連データ・プラットフォームへのブロックチェーン技術の適用」をあげている

・参加企業はアステラス製薬、協和発酵キリン、グラクソ・スミスクライン、塩野義製薬、第一三共、大日本住友製薬武田薬品工業、湘南ヘルスイノベーションパーク、田辺三菱製薬、中外製薬、ロシュ・ダイアグノスティックス、他7社。また参加団体としては一般社団法人ITヘルスケア学会医療ブロックチェーン研究会、独立行政法人国立病院機構京都医療センター他1団体、そしてオブザーバーとして神奈川県が名を連ねる

LVMHがEthereumベースのブロックチェーンプラットフォームを開発していることが明らかに

・モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)は、コンセンシス、マイクロソフト・アジュールと共同で、自社製品の追跡を目的としたブロックチェーンプラットフォーム開発に取り組んでいることが、コインデスクの関係者による取材で明らかに

・このブロックチェーンプラットフォームの名称は「AURA」イーサリアムブロックチェーンで形成され、5月、6月にはLVMHの子会社、ルイヴィトンやディオールで採用される予定

・LVMHがEthereumプラットフォームを採用した理由は、技術がまだ道半ばで、我々の壮大なビジョンをこの技術とともに叶えられると感じたからである

ビットトレントがライブストリーミングサービス「BitTorrent Live」の開始のためテストユーザー募集発表

・ビットトレント(BitTorrent)が新たなライブストリーミングサービス「BitTorrent Live」のテストユーザー募集を発表 ・このサービスは、ライブビデオ配信を通して世界中の人々が繋がることのできるソーシャルメディアプラットフォーム ・「BitTorrent Live」には今後ブロックチェーン技術が盛り込まれ、ユーザーのプライバシーや所有権を守り、そして仮想通貨での支払いも可能になるとのこと ・ビットトレントは2018年7月にトロンが買収している

コインチェック代表取締役会長にマネックス松本大氏が就任決定

・コインチェック株式会社の代表取締役会長にマネックスグループ代表執行役社長の松本大氏が4月1日より就任することが発表された

・コインチェック創業者である、和田 晃一良氏・大塚 雄介氏は共に現職のコインチェック執行役員と新たにマネックスグループの執行役員を兼務することが決定

・マネックス証券株式会社、代表取締役社長には清明 祐子氏が就任し、大手ネット証券としては初の女性社長となる

イーサリアム財団がProgPoW導入の監査機関としてLeastAuthority社を採用

・イーサリアム財団がProgPoWの導入に向け、技術監査を実施する機関にLeastAuthority社を採用

・LeastAuthority社はセキュリティコンサルタントの企業でローンチ前のイーサリアムやZキャッシュの監査経験がある

・実装時期は早くとも10月に予定されているハードフォーク「イスタンブール」以降と思われる

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock,Hilch)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。