ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ

ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所BITPOINTを運営するビットポイントジャパンが、IOSTブロックチェーンエコシステムのノードパートナーとして参加することを9月30日発表した。

またこれによりビットポイントジャパンは、IOSTトークンのステーキングサービスを開始する予定であることも明らかにした。

ビットポイントジャパンは今回のノードパートナー参加について、「IOSTの日本コミュニティの活性化とグローバルコミュニティにIOSTのエコシステムを再認識させることができる」とその考えを伝えている。

今年5月、BITPOINTでIOST(アイオーエスティー、ティッカーコード「IOST」)が上場していた。これにより同取引所のBITPOINTおよびBITPOINT PRO(板取引)でトレードが可能となっている。

またIOSTは、IOST財団(Internet of Services Foundation)が発行する、IOSTブロックチェーン上で使用される暗号資産である。発行上限は900億IOSTで、現在約185億IOSTが市場に流通している。

なおIOSTでは独自のコンセンサスアルゴリズムPoB(Proof-of-Believability)を採用しており、安全性を保ちながら、高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用を実現している。また、多くのWebサービスで活用されているJavaScriptでのDappsの開発ができるのも特長の1つである。

関連ニュース

ビットポイントで「IOST」上場、国内3例目

SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も

国内初、韓国カカオのクレイトン(KLAY)がビットポイントで上場

暗号資産「IOST(アイオーエスティー)」とは? BITPOINT担当者が解説!

IOST財団、EVM開発者向け1億ドルファンド立ち上げ

参考:ビットポイントジャパン

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored