DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと

DG Daiwa Venturesがアフリカの暗号資産取引所Yellow Cardへ出資

DG Daiwa Venturesが同社運営のファンドにおいて、アフリカで暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する「イエローカード(Yellow Card Financial)」へ出資したことを9月30日発表した。

今回の出資は「イエローカード」のシリーズBの資金調達ラウンドに参加したものとなるようだ。「イエローカード」はこのラウンドを4,000万ドル(約57.8億円)でクローズしている。

なおこのラウンドはブロックチェーンベンチャーキャピタルのポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)が 主導したとのこと。DGの他にもキャッスルアイランド(Castle Island)、ファブリックベンチャーズ(Fabric Ventures)、ソーゾーベンチャーズ(Sozo Venture)、サードプライム(Third Prime)、ラバパートナーシップ(The Raba Partnership)、ヴァラーベンチャーズ(Valar Ventures)が出資参加している。

「イエローカード」はアフリカ最大級となる暗号資産取引所を運営する他、暗号資産を用いた送金プラットフォームを展開している企業だ。2021年にシリーズAで1,500万ドルを集めて以来、アフリカの4か国に事業拡大し、現在ではアフリカ大陸全体で16の市場にサービスを提供を行っているという。

なお「イエローカード」は今回の資金調達により総額5,700万ドルを調達しており、アフリカで最も多額の資金調達をしたweb3スタートアップになっているとのことだ。

なおDG Daiwa Venturesは今年2月、フィリピンにおける最大級の暗号資産取引所を運営するフィリピンデジタルアセットエクスチェンジ(Philippine Digital Asset Exchange)にも出資していた。こちらは同社がシリーズBで総額約5,000万ドルを調達したラウンドとなっており、米タイガーグローバル(Tiger Global Management)が主導していたとのことだ。

関連ニュース

【取材】本田圭佑やギャビンウッドも出資、ステイクのアスターネットワーク(ASTR)がPolychain主導で約25億円調達

ソラナ、a16zやPolychainらから約343億円調達

デジタルガレージ、「web3戦略設計タスクフォース」設立

クリプタクトがDG Daiwa Ventures、ジャフコ、ミンカブらを引受先とする4億円の第三者割当増資実施

デジタルガレージと大和証券グループの合弁投資ファンドDG Daiwa Venturesが「DG Lab2号ファンド」を約125億円で組成完了

参考:イエローカードリリース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察