WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で

WEFが気候変動対策におけるweb3の可能性調査へ

WEF(世界経済フォーラム)が、「Crypto Sustainability Coalition(クリプト・サステナビリティ連合)」を発足したことを9月21日発表した。

「クリプト・サステナビリティ連合」はWEFが主催する官民合同のイニシアチブ。暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関連したweb3技術を活用して気候変動対策の方法を調査することを目的に発足したという。現在30もの組織が参加し、テクノロジーが環境や社会的な課題にもたらす潜在的なポジティブインパクトを探求していくとのこと。

それにより同イニシアチブでは、web3技術をどのように規制するかやweb3技術の開発・研究に対する投資がどのようなインセンティブをもたらすかについて、政府へより良い情報を提供するとのことだ。

なおWEFは「web3のイノベーションを促進し、消費者を保護し、金融包摂を向上させるために、規制を明確にする必要がある」と述べている。

今後同イニシアチブでは「web3の気候変動対策への可能性」の他、「エネルギー使用」、「オンチェーン炭素クレジット」といった課題に取り組むためにワーキンググループ(WG)を開催するとのことだ。

具体的に「web3の気候変動対策への可能性」のWGでは、web3によるイノベーションが、パリ協定の目標達成に必要なペースで低炭素移行が直面する課題に取り組む方法を調査する予定としている。

また「エネルギー使用」のWGでは、クリプト(ブロックチェーン・暗号資産関連の総称)業界におけるエネルギーと材料の消費を分析し、気候や自然への影響についてより明確なイメージを構築する予定としている。

「オンチェーン炭素クレジット」WGの動きとしては、現状の世界の炭素市場の欠点に対しブロックチェーンベースの炭素クレジットによる対処を考えているとのこと。なお現状のカーボンオフセットでは提供者・購入者共に透明性がかけていることや、世界に何百といる零細農家や先住民コミュニティがカーボンオフセットを利用できないことなどが欠点であるとしている。

なお「クリプト・サステナビリティ連合」には、アクセンチュア(Accenture)やEYといった企業の他、サークル(Circle)やイートロ(eToro)のような暗号資産に関連する企業、そしてアバランチ(Avalanche)やニア財団(NEAR Foundation)、リップル社(Ripple)、 ソラナ(Solana)、ステラ財団(Stellar Development Foundation)といったブロックチェーンに関連する団体、またNFT活用の二酸化炭素除去プラットフォーム「Nori」なども参加している。

関連ニュース

世界経済フォーラム(WEF)がブロックチェーンを活用したCO2排出量を追跡する概念実証を完了

世界経済フォーラム(WEF)とグローバル・ブロックチェーン・ビジネス・カウンシル(GBBC)がブロックチェーン技術の周辺知識や技術を標準化するための報告書発表

世界経済フォーラム(WEF)がユーザーの権利を保護・保全するためのブロックチェーン16原則を発表

米上院がSECゲンスラー氏を追及、気候変動規制と暗号資産監督体制について

米OSTP、暗号資産の気候変動への影響についてパブコメ募集

参考:WEF
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。