ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け

ホットリンクとモバイルファクトリーが業務提携

モバイルファクトリーとホットリンクが、両社のNFT事業拡大に向けた業務提携契約の締結を9月26日発表した。

モバイルファクトリーの100%子会社であるビットファクトリー提供のNFTサービス構築支援プラットフォーム「ユニキス ガレージ」とホットリンクのSNS上でのプロモーションの専門性を融合させることで、両社のNFT事業の拡大を図る狙いだ。

またホットリンクが保有している「ソーシャルビッグデータ」および「データ分析力や独自ノウハウ」とビットファクトリーの「ユニキス ガレージ」を融合するという。それによりNFTの販売を検討する企業に、NFTの生成・販売を行う機能提供に加え、NFT流通を促進するSNS上のプロモーションの提案が可能となるとのことだ。

モバイルファクトリーは昨年7月より国内でNFTマーケットプレイス「ユニマ」を提供している。また同年11月よりNFT買取サービス「ユニマNFT買取(β版)」を開始した。なお同サービスは、一般ユーザーが所持するNFTを日本円で買い取るものだ。審査・査定の上、買取が成立した申請に関してはNFTマーケットプレイスや取引所を介さずNFTを売却できる。

またホットリンクはSNSマーケティング支援事業を運営する企業だ。なお同社代表取締役グループCEOの内山幸樹氏は、日本にweb3のコンセプトやその具体的な実装を広めることを目的として開始された勉強会「Web3.JP」代表世話人を務めている。

なお「Web3.JP」は先月8月、自民党NFT政策検討プロジェクトチームが公開していたNFTホワイトペーパーに対し、追加提言を行っている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

【取材】自民党「NFTホワイトペーパー」に追加提言、ホットリンク内山幸樹・アスター渡辺創太ら「Web3. JP」が

日本円でNFTを買取、モバイルファクトリーが「ユニマNFT買取(β版)」サービス開始

女優のん制作のNFTアート2月10日発売へ、モバファク「ユニキス ガレージ」で

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、X2Y2と戦略的提携

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:モバイルファクトリー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Rick_Jo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。