分散型ジャーナリズムPF「Civil」開始、次世代型SNS「FiNANCiE」オープンβ版公開、eToroが米国でも仮想通貨取引開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

分散型ジャーナリズムPF「シビル(Civil)」がローンチ

・ブロックチェーンでジャーナリズムを変える、分散型ジャーナリズム

・コンテンツプラットフォーム「シビル(Civil)」が昨年のICOの失敗からのリスタートを経て、3月6日にローンチ

・ニュースルーム(ニュースの配信者)とメンバー(コミュニティ参加者)の登録が可能に ・3月6日から世界の100のニュースルームが登録されている、ニュースルームの一例としてはRappler (Philippines)、Transitions (Czech Republic)、ADN Sur (Argentina)Gotham Gazette (New York)、Datadista (Spain)など

・メンバーはCVLトークンを買うことで投票権を持ち、信頼できるニュースの評価や異議申立てができるようになる

世界最大手証券会社eToro、米国でも仮想通貨取引を開始

・eTroがアメリカの32の州においてビットコインやイーサリアムなど13の仮想通貨銘柄の取引提供

・eToroは、世界中で株式や為替など1500以上の投資商品の取引を提供するソーシャルトレード投資プラットフォーム。先日イギリスのeToroではバイナンスコイン(BNB)が取り扱われることになったのでも話題になった

・BREAKER MAGの取材によると、eTroはアメリカで2019年中に独自の仮想通貨取引所eToroXを立ち上げや、時価総額上位20の銘柄を全て提供していく意向とのこと

フィナンシェがSNSサービス「FiNANCiE」のオープンベータ版をリリース

・株式会社フィナンシェが3/7にSNSサービス「FiNANCiE」のオープンβ版をリリース

・「FiNANCiE」は達成したい夢を持つユーザー(ヒーロー)がヒーローカードを発行でき、またそれを応援するユーザー(ファン)がそのヒーローカードを購入することができるファン・エコノミー時代のあたらしいコミュニティ・サービス ・ヒーローは「FiNANCiE」上でファンに自分のヒーローカードを販売することで、そのファンから活動資金や様々な協力が得られるようになる

・ヒーローカードは円の決済で購入が可能

・「FiNANCiE」上で発行されるヒーローカードの保有権利はブロックチェーンで管理される

・その他、ヒーローカードの初回売り出し時にダッチオークションの仕組みを取り入れた初回価格決定方法や、マーケットプレイスでの流動性の解決のため「Bancorアルゴリズム」を採用など、先進的な技術も多く取り入れている

→「FiNANCiE」創設者であり株式会社gumiの代表取締役会長の國光宏尚氏のインタビューはこちら

ディブロックがICON財団とスポンサーシップ契約を締結し、アクセラレータープログラム「ICX Station-Tokyo Launchpad」の募集を開始

・ディブロック株式会社が、グローバルにブロックチェーンプラットフォームを展開するICON財団とスポンサーシップ契約を締結し、ICONが支援するアクセラレータープログラム「ICX Station-Tokyo Launchpad」の募集を3月8日より開始

・このプログラムは、グローバルに事業展開を行おうとする日本企業に対し、ICONのノウハウやグローバルネットワークに加え、業界を牽引する国内外のパートナー企業等と連携し支援を行う

・フィンテックやシェアリングエコノミー、ゲーム・エンターテイメントやデジタルメディアなど、その支援領域は幅広い分野を予定している

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが2020年に独自仮想通貨ローンチか、BlockBaseが0x Protocolのアクセラレーションプログラムに採択など(ゲスト:BlockBase 真木大樹氏 田中康平氏)

この「あたらしい経済ニュース」ではブロックチェーン/仮想通貨に関するニュースニュース解説とコラムをお届けします。今回は特別ゲストにBlockBase株式会社 CEO真木大樹氏 プロダクトマネージャー田中康平氏をお迎えしてお送りします。

2019年日本国内BC市場が170億円を超えと矢野経が予想、BlockFiの預かり額が1億ドル突破、スタートバーンがSBIインベストメントより資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

2019年の日本国内ブロックチェーン市場が170億円を超えると矢野経済研究所が予想、BlockFiの預かり額がサービス開始3ヵ月で1億ドルを突破、NEM JAPANがNEM財団に事業返却を発表、スタートバーンがSBIインベストメントより資金調達 SBIグループとの連携を強化、B Dash Camp 2019 Spring in Sapporo 開催

仮想通貨規制を盛り込んだ改正法案が衆院本会議可決、イーサリアムファンデーション方針発表、クオンがNFT化したキャラクターライセンスを販売開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仮想通貨(暗号資産)への規制を盛り込んだ資金決済法と金融商品取引法が21日に衆院本会議可決、Ethereum Foundationが今後12ヶ月の方針をブログで発表 ・株式会社クオンがNFT化したキャラクターライセンスを販売開始、GO!WALLETが1.5万DLを突破し、新たに中国、韓国、ロシア向けにサービス提供を開始

ホンダとGMがEV次世代送電網研究にブロックチェーン、Ethereum上の証券取引所「SprinkleXchange」が6月ローンチ、GBECが福岡でイベントなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Ethereumネットワーク上で機能する証券取引所「SprinkleXchange」が6月にローンチ、ホンダとGMがEVをつかった次世代送電網の共同研究にブロックチェーンを活用、Coinbaseが提供する「学んで稼げるサービス」Coinbase Earnが100ヶ国以上に展開していることが明らかに、FLOCが大阪校で初のブロックチェーン無料講座を開催、PoLが仮想通貨の税金ついて学習できる新カリキュラムを公開、GBECが福岡で「金融 × ブロックチェーンテクノロジー」のイベントを開催

フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連子会社設立、アマゾンがPoW暗号システムの特許取得などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連と思われる子会社リブラネットワークス設立、アマゾンがビットコインのようにProof of Workで機能する暗号システムの特許を取得、ツバイスペースがアジアへ進出と不動産チェーンの記録検索サイトを構築

ConsensysがLVMHとMicrosoftと共にコンソーシアムチェーン開発、ガイアックス「Cheer for」試作版開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ConsensysがLVMHとMicrosoftと共に、コンソーシアムチェーン「Aura」を開発、OperaがTRONのTRXとTRC標準トークンのサポートを発表、ガイアックスが応援メッセージを送るだけで、個人や団体に応援ポイントを送ることができるサービスの試作版を開発、FLOCが5月17日より現役エンジニア向けのブロックチェーン入門講座を開始、フレセッツの技術顧問に今井崇也氏が就任

ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知、Coinbaseカストディ事業約10億ドル規模に、BlockBaseらがNFTを活用した楽曲配信実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知、Coinbaseのカストディ事業が立ち上がって1年で、約10億ドル規模になったことが明らかに、リキッドグループとバーチャルカレンシーパートナーズ、合弁会社を設立し米国市場進出へ、大手資産運用会社Fidelityが9つのブロックチェーン関連の職業を募集していることが明らかに、BlockBaseとMaltine RecordsがNFTを活用した楽曲配信の実証実験を開始

HTCとKyberNetworkが提携しスマホ「エクソダス」で60種類以上の仮想通貨が交換可能に、「My Crypto Heros」がNYで屋外デジタル広告などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heros」がNYでデジタル広告を配信、FacebookにCoinbaseを退職した重役2名が参画したことが明らかに、HTCとKyberNetwork(カイバー・ネットワーク)が提携スマホ「エクソダス」で60種類以上の仮想通貨が交換可能に、サムスンがスマートフォンのギャラクシーシリーズ全機種にウォレット機能の追加搭載を計画

マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上でデジタルID管理ができるシステム開発へ、Flexaのウォレット「SPEDN」を米大手企業15社が受け入れなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マイクロソフトがビットコインのブロックチェーン上で個人がデジタルIDを管理できる分散型システムを開発へ、Flexaが仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」の提供を限定的に開始したことを発表、米大手企業15社が受け入れ、Bakktが7月にもビットコイン先物取引のテストを開始予定、グロービス経営大学院が日本初の「ブロックチェーン技術による修了証明書」発行へ