YGG Japan、KryptoGO、IVCがGameFi特化のウォレット共同開発へ

YGG Japan、KryptoGO、IVCが共同でウォレット開発へ

YGG Japan、クリプトゴー(KryptoGO)、IVC(Infinity Ventures Crypto:インフィニティベンチャーズクリプト)の3社がジェイントベンチャーを設立し、GameFi(ゲーム×金融)に特化したウォレットを共同開発することを9月15日に発表した。

YGG Japanは、世界最大のDAO(自律分散型組織)型ゲーミングギルドであるYield Guild Games(YGG)の日本法人で、国内企業のForN(フォーン)が運営を行っている。

クリプトゴーは台湾拠点のRegTech(レグテック:規制×技術)企業。同社のソリューションは、多くの金融機関(例:メガ国際商業銀行)に採用され、13カ国、25の海外支店でサービスを提供している。またノンカストディアルウォレットをすでにスマホ向けに開発している。

またIVCは、GameFi、DeFi(分散型金融)、Web3.0の先駆的なスタートアップを支援し投資するために設立されたベンチャーキャピタルだ。

フォーンによるとこれまでのウォレットは、DEX(分散型取引所)利用を前提として開発されており、汎用性は高いものの、ブロックチェーンゲームユーザのためのウォレットではなかったとしている。これによりブロックチェーンゲームを始めるまでの障壁は高く、誰でも気軽に楽しめる環境ではなかったとフォーンは説明している。

今回3社は「ユーザの利便性を追求したブロックチェーンゲーム特化のウォレットの開発・提供を進めていく」と述べている。

YGG Japanの共同創業者の藤原哲哉氏は「現在の日本のブロックチェーンゲームやweb3界隈では一部のリテラシーの高いユーザーのみが触れられている状況です。今後、ブロックチェーンゲームをはじめ、新時代のゲーム文化を広め、この新しい体験をより多くのユーザーに届けることがYGG Japanのミッションであり、今回のKryptoGO、IVCとの ウォレット開発はその大きな第一歩になると考えています」とコメントしている。

関連ニュース

DEAとYGG Japanが提携、東京ゲームショウで「JobTribes」用のNFT配布へ

OasysとYGG Japanが東京ゲームショウでピッチコンテスト、入賞特典で1億円出資も

【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

YGG Japan、約3.8億円資金調達

【取材】ブロックチェーンゲームギルド「YGG」が日本法人設立へ。IVC、アカツキ、DJTら出資

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ