YGG Japan、KryptoGO、IVCがGameFi特化のウォレット共同開発へ

YGG Japan、KryptoGO、IVCが共同でウォレット開発へ

YGG Japan、クリプトゴー(KryptoGO)、IVC(Infinity Ventures Crypto:インフィニティベンチャーズクリプト)の3社がジェイントベンチャーを設立し、GameFi(ゲーム×金融)に特化したウォレットを共同開発することを9月15日に発表した。

YGG Japanは、世界最大のDAO(自律分散型組織)型ゲーミングギルドであるYield Guild Games(YGG)の日本法人で、国内企業のForN(フォーン)が運営を行っている。

クリプトゴーは台湾拠点のRegTech(レグテック:規制×技術)企業。同社のソリューションは、多くの金融機関(例:メガ国際商業銀行)に採用され、13カ国、25の海外支店でサービスを提供している。またノンカストディアルウォレットをすでにスマホ向けに開発している。

またIVCは、GameFi、DeFi(分散型金融)、Web3.0の先駆的なスタートアップを支援し投資するために設立されたベンチャーキャピタルだ。

フォーンによるとこれまでのウォレットは、DEX(分散型取引所)利用を前提として開発されており、汎用性は高いものの、ブロックチェーンゲームユーザのためのウォレットではなかったとしている。これによりブロックチェーンゲームを始めるまでの障壁は高く、誰でも気軽に楽しめる環境ではなかったとフォーンは説明している。

今回3社は「ユーザの利便性を追求したブロックチェーンゲーム特化のウォレットの開発・提供を進めていく」と述べている。

YGG Japanの共同創業者の藤原哲哉氏は「現在の日本のブロックチェーンゲームやweb3界隈では一部のリテラシーの高いユーザーのみが触れられている状況です。今後、ブロックチェーンゲームをはじめ、新時代のゲーム文化を広め、この新しい体験をより多くのユーザーに届けることがYGG Japanのミッションであり、今回のKryptoGO、IVCとの ウォレット開発はその大きな第一歩になると考えています」とコメントしている。

関連ニュース

DEAとYGG Japanが提携、東京ゲームショウで「JobTribes」用のNFT配布へ

OasysとYGG Japanが東京ゲームショウでピッチコンテスト、入賞特典で1億円出資も

【取材】Arriba Studio、「Oasys」と「YGG Japan」にトークン出資

YGG Japan、約3.8億円資金調達

【取材】ブロックチェーンゲームギルド「YGG」が日本法人設立へ。IVC、アカツキ、DJTら出資

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored