米スターバックス、NFT活用「Starbucks Odyssey」発表、ポリゴン(MATIC)採用で

スターバックス、NFT活用「Starbucks Odyssey」発表

米スターバックス(Starbucks)が、NFTなどweb3技術を活用した新しいメンバーシッププログラム「スターバックス・オデッセイ(Starbucks Odyssey)」を9月12日に発表した。

「スターバックス・オデッセイ」は、米国内のスターバックスリワード会員とスターバックスパートナー(従業員)に、新しい特典や没入型のコーヒー体験へのアクセスを可能にするデジタルコレクタブル(NFT)を獲得、購入する機会を提供するものだという。また同社は、スターバックスのサステナビリティの目標やコミットメントに沿ったテクノロジーを使って「スターバックス・オデッセイ」を構築することが、同社の最優先事項だとしている。

このプログラムのブロックチェーン基盤にはポリゴン(Polygon/MATIC)が採用された。なおサービス開始は2022年末になる予定とのこと。

スターバックスはこのプログラムを通して、ユニークなグッズやアーティストとのコラボレーション、限定イベントへの招待など、没入感のあるコーヒー体験を提供していくという。具体的にはスターバックスリザーブロースターの限定イベントへの招待や、コスタリカのスターバックスハシエンダアルサシアコーヒー農園への旅行などが説明されている。

なお同プログラムのメンバーは「スターバックス・オデッセイ」のウェブアプリ体験内に組み込まれたマーケットプレイスを通じて、限定スタンプ(NFT)を購入することができるとのことだ。限定スタンプは、すべての会員がクレジットカードで直接購入できるようになる予定だという。つまり暗号資産ウォレットや暗号資産(仮想通貨)は必要ないとのことだ。ちなみに限定スタンプの売上の一部は、スターバックスパートナーとスターバックスリワード会員にとって重要な活動を支援するための寄付に使われるとのことだ。

スターバックス・オデッセイの発表に際して、同社のエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサーのブラディー・ブリュワー(Brady Brewer)氏は「スターバックスは、家庭と職場の間にある、コーヒーを通じた温かいつながり、コミュニティ、帰属意識を感じられる場所、サードプレイスとしての役割を常に担ってきました。スターバックス・オデッセイは、サードプレイスのつながりをデジタル世界へと拡張するものです。スターバックス リワードの会員とスターバックスだけでなく、会員同士をつなぐ初めての試みです」とし、「スターバックス・オデッセイは、スターバックスの店舗、外出先、オンラインなど、お客様がどこにいても出会えるサードプレイスを再発明する方法の一つです。スターバックス リワード会員とパートナー企業がユニークな体験を通じてつながり、コーヒーへの愛情を中心に団結できる、Web3テクノロジーを活用したアクセス可能なデジタルThird Placeコミュニティを創造しています」と説明している。

スターバックスは今年4月に、年内にNFTビジネスに参入することを明かしていた。また8月にはweb3対応のリワードプログラムを顧客に提供する方針が、2022年第3四半期決算説明会で説明していた。

参考:スターバックス
images:iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored