米BlockFiが仮想通貨貸し付けで金利6%のサービス開始発表、IBMのサイバーセキュリティチームが「X-Force Red Blockchain Testing」発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米BlockFiが仮想通貨貸し付けで金利6%のサービス開始発表

・BlockFi(ブロックファイ)が「BlockFi Interest Account(BIA)」を開始した。ユーザーがBIAに仮想通貨ビットコインやイーサを預けてると毎月金利が支払われる仕組みで、金利は年間約6%が見込まれる

・BlockFiは金利を生み出すために、BlockFiに出資しているFidelityやGalaxy・Digitalなどの機関投資家に仮想通貨を貸し出している

・既にリクルートから出資を受けている企業ということもあって、日本でも展開していくことが期待される。またBlockFiのCEOはメディアの取材に対しても日本マーケットへの進出を目指していると発言している

HAKUHODO Blockchain Initiative+博報堂金融マーケティングプロジェクトが第2回仮想通貨に関する生活者調査を実施

・株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と博報堂金融マーケティングプロジェクトが、全国の18~59歳の男女2万人を対象に「仮想通貨に関する生活者調査」第2回を実施し、仮想通貨に対する意識・実態とその変化を調査

・分析の結果、仮想通貨の取引頻度は半年前と比べ62.5%と下降傾向にあり、購入経験者の約4割が“塩漬け”状態とのこと

・仮想通貨に期待する活用手段として、投機的な目的が最も高いものの、新しい決済・送金インフラなどがあり、通貨としての利便性向上への期待も高まっている

シリコンバレーのIoTスタートアップYume Cloud Inc. が山形大学の誘致により日本拠点を設立

・シリコンバレーのIoTスタートアップYume Cloud Inc.が日本法人 株式会社Yume Cloud Japanを山形大学有機材料システム事業創出センター内に設立

・株式会社ブロックチェーンハブの創業支援プログラムに参画したYume Cloud Inc.は、このプログラムを卒業する最初のベンチャー企業となった

・山形大学との共同研究の実施、IoT 関連ビジネス立ち上げを支援を目的に、今後は新たな技術の構築、新分野でのビジネスの創出、地場企業との連携による活性化を目指す   

IBMのサイバーセキュリティチームがブロックチェーンのセキュリティテストサービス「X-Force Red Blockchain Testing」発表

・IBMのサイバーセキュリティチームであるIBM X-Force Redが、ブロックチェーンをテストするサービスを発表

・このサービスを利用することで、実装しているブロックチェーンの監査や、セキュリティを強化できるようになる

・X-Force Redは、この新たなサービスがブロックチェーンのセキュリティに焦点を当てるものであり、ブロックチェーン技術の実装をより安全なものにするうえで役立つと発表

「KryptoSeoul Meets Tokyo」イベントレポート:韓国のブロックチェーンコミュニティについて

・「KryptoSeoul Meets Tokyo」が3月6日東京渋谷ニュートリノで開催された

・韓国のブロックチェーンコミュニティ「KryptoSeoul」のCEOであるErica Kang氏が登壇 ・韓国では、Scam(詐欺)コインに関しての投資の話がスターバックスで行われていることが多い。政府はそのような状況を見かねて、2017年の9月にICOの禁止を訴えたのが印象的だったとEricaさんは発言。またSumSungを始め、韓国の大企業は政府と密接な関係性があるので、ブロックチェーンをどのように絡ませていくかはとても慎重的であることは事実とコメント

・Erikaさんによると、GalaxyS10だけにEthereumベースのウォレット機能を搭載するだけではなく、既に販売しているGalaxyにも搭載できるようにするとGalaxyの中の人は発言しているよう

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。