元CFTCコミッショナー、FTX USデリバティブの取締役就任

元CFTCコミッショナー、FTX USデリバティブの取締役就任

米暗号資産(仮想通貨)取引所FTX USのデリバティブ部門であるFTX US デリバティブ(FTX US Derivatives)が、元CFTCコミッショナーであるジル・ソマーズ(Jill Sommers)氏の取締役就任を9月1日に発表した。

ソマーズ氏は2007年から2013年まで米国商品先物委員会(CFTC)のコミッショナーを務め、現在は複数の企業の役員を務めている。同氏はCFTCの他にも国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の政策ディレクターやシカゴ・マーカンタイル取引所のマネージングディレクターなど、デリバティブ業界で様々な職を経験している。

ソマーズ氏は今回の取締役就任について以下のようにコメントしている。

「FTX US デリバティブは、透明性という創業時の原則に忠実でありながら、伝統的な資産とデジタル資産のギャップを埋める最前線に立ち、世界で最も規制の厳しいデジタル資産取引所となるべく先導的な役割を担ってきました。規制された暗号資産デリバティブ取引プラットフォームとしてFTX US デリバティブを確立するために、規制当局と緊密に連携していく中で、取締役会に参加できることをうれしく思います」

また、FTX US デリバティブのCEOであるザック・デクスター(Zach Dexter)氏は以下のようにコメントしている。 「ジルのデリバティブ業界の豊富な経験は、進化するデジタル資産のエコシステムと広範な金融市場構造への統合を踏破する上で、当社の取締役会にとって貴重なリソースとなります」

FTXは規制対応に向けてメンバーの増強を進めている。2021年11月には元CFTCコミッショナーのマーク・ウェトジェン(Mark Wetjen)氏がFTX USに政策責任者として入社している。ウェトジェン氏は以前からFTX US デリバティブで取締役を務めており、現在もその職を継続している。

関連ニュース

米司法省のバイナンスへの調査実態、CZの関与記録提出も要請か

韓国釜山市がFTXと提携しブロックチェーン推進、バイナンスとの提携に続き

脱税容疑でマイケルセイラーとマイクロストラテジーを訴訟、米司法長官事務所

FTXグローバル、DeFiの「Stargate Finance(STG)」を無期限先物で取り扱いへ

FTX US、株式取引「FTX Stocks」を米国全州で提供開始

参考:FTX US Derivatives 
images:iStocks/4×6・alphaspirit
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored