「LCA Game Guild」と「ゲームエイト」が提携、ブロックチェーンゲーム市場拡大目指す

「LCA Game Guild」と「ゲームエイト」が提携

ブロックチェーンゲームコミュニティ「LCA Game Guild:LGG」が、ゲームエイトとブロックチェーンゲーム領域の拡大を目指した業務提携合意書を締結したことを8月23日発表した。

今後、両社はブロックチェーンゲーム領域に進出を目指す取引先に対し、ソリューションやその他関連サービスを共同で提供し、ブロックチェーンゲームの更なる発展と一般化に貢献していくとのことだ。

LGGは日本と世界の貧困を「ブロックチェーンゲーム」を通して解決するために設立されたゲームコミュニティで、ブロックチェーンゲームに関わるコミュニティの運営および、情報発信を行っている。

具体的には「GameFiマーケットの分析」、「次に流行するNFTゲームのリサーチ」、「NFTゲームの検証と攻略方法の提供」、「運営メディアでの情報配信」、「NFTゲーム開発へのコンサルティング」、「スカラーシップ制度の提供と運営」などだ。

またゲームエイトは、月間4,200万人が訪れる総合ゲーム攻略メディアである「Game8 .jp」を運営しており、スマートフォン向けゲームやコンシューマーゲーム の攻略をメインとして、様々なコンテンツを提供している。

なおゲームエイトはソーシャルコミュニティ「Yay!」を運営するナナメウエと8月に、国内でのゲームコミュニティ形成とユーザー体験の飛躍的な発展に向けて、業務提携契約を締結している。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない