FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ

FTXがORCA上場へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、暗号資産オルカ:Orca(ORCA)の上場を8月18日発表した。

ORCAは現物取引で取り扱われる予定で、取引ペアについてはORCA / USDとなっている。取引開始については18日14:00(UTC:世界協定時)に開始される予定だ。

オルカ:Orca(ORCA)とは?

オルカは、ソラナブロックチェーンを基盤とする自動マーケットメーカー(AMM)のDEX(分散型取引所)だ。ユーザーは暗号資産のスワップ、流動性供給、利回りの獲得ができる。オルカのネイティブトークンORCAは、イールドファーミングなどのサービスやガバナンストークンとして利用される。

ORCAは現在、コインベース(Coinbase)やクラーケン(Kraken)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のレイディウム(Raydium)で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約27億円となっている(8月18日 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ

FTX JPでXEM、QTUM、IOST、XTZ上場

FTX Europe子会社、ドバイで暗号資産取引提供の完全承認ライセンス取得

FTX JPが国内TVCM、エンゼルス大谷翔平選手を起用

FTX、イーサリアムのリキッドステーキング「Lido DAO(LDO)」上場へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した