FTX JPが国内TVCM、エンゼルス大谷翔平選手を起用

FTX JPが大谷選手起用のTVCM公開

国内暗号資産(仮想通貨)取引所FTX Japanが、同社初のテレビCMを7月18日より放映開始した。このCMにはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が出演。関東エリアにて8月14日まで放映される予定だ。

昨年11月、FTX Japanの親会社FTXは大谷選手と長期的パートナーシップを締結していた。これにより大谷選手はFTXグローバルアンバサダーおよび広報担当者として、様々な取り組みを通じてFTXのプラットフォームやデジタル資産全般の認知度を世界規模で高めていく役割を担うとされていた。なお大谷選手はこのパートナーシップ契約により、その報酬のすべてを株式および暗号資産で受け取ったとされている。

FTXは今年2月、国内暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」の親会社であるリキッドグループ(Liquid Group Inc)を買収し、今年4月に「Liquid by Quoine」を「FTX Japan」に社名変更した。

なお現在FTX Japanでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、ソラナ(SOL)、FTXトークン(FTT)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、ドージコイン(DOGE)の12銘柄が取引されている。

関連ニュース

FTX JP、取引自動化できる「クオンツゾーン」提供

FTX JPでドージコイン(DOGE)上場へ、国内2例目

FTX JP、エンジンコイン(ENJ)とオーエムジー(OMG)上場へ

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入

エンゼルス大谷翔平選手がFTXと長期契約、報酬は暗号資産と株

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored