アスター(ASTR)がアルケミーと提携、エコシステム開発者支援

アスターとアルケミーが提携

日本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(アスターネットワーク)が、web3インフラ開発のAlchemy(アルケミー)との提携を8月3日発表した。

今回の提携によりアルケミーのAPIやプロダクトインフラストラクチャがアスターへ提供されるという。これによりアスターエコシステムの開発者はdApps(分散型アプリケーション)の作成環境がより良いものになるとのことだ。

アルケミーは、開発者がブロックチェーンアプリケーションを簡単かつ効率的に開発するための必要なツールを提供し、AWSがインターネット業界にもたらしたサービスをブロックチェーン業界にもたらすことを目標としている企業だ。

今までにEthereum(イーサリアム)やPolygon(ポリゴン)、Arbitrum(アービトラム)、Optimism(オプティミズム)などといったL2を含めたチェーンの他、これら以外のEVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換の無いsolana(ソラナ)、Flow(フロウ)チェーンのサポートにも成功しているとのことだ。

アルケミーは昨年10月末に、シリーズCラウンドにてアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)主導で約280億円(2.5億ドル)を調達している。続けて今年2月にはシリーズC1ラウンドで約240億円(2億ドル)の資金調達を行ない、アルケミーの企業評価額は約1.3兆円(102億ドル)になっている。なおアルケミーが昨年12月にWeb3領域活性化のために立ち上げたベンチャーファンド「アルケミー・ベンチャーズ(Alchemy Ventures)」は今年1月に「Astar Network」へ出資を行っていた。

アスターネットワークの創設者である渡辺創太氏は今回の発表に際し「開発者のエコシステムをサポートすることは、アスターの原動力です。アルケミーと提携し、アスターのブロックチェーンエンジンをAstarの開発者が利用できるようにすることで、開発者コミュニティにさらなるイノベーションと成長をもたらします」とコメントしている。

アスターネットワークとは?

アスターネットワークは、異なるブロックチェーンの相互接続(インターオペラビリティ)を目指すプロジェクトであるポルカドットのパラチェーンとして昨年12月に接続し、1月17日にメインネットローンチしたブロックチェーンだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。ポルカドットリレーチェーンでは、スマートコントラクトをサポートしていない為、アスターはポルカドットへEVM(イーサリアムバーチャルマシン)やWASM(ウェブアッセンブリ)を提供することで、複数のブロックチェーンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトハブの役割を担っている。

またアスターネットワークでは開発者支援の為に「dApp staking」の仕組みを有している。「アスターネットワーク」と統合したdAppやインフラストラクチャに対して、ユーザーが同ネットワークのネイティブトークン「ASTR」をステーキングすることで、開発者とユーザーが報酬を得られる仕組みとなっている。ユーザーは「dApp Staking」でdAppに「ASTR」をステーキングする事で、報酬を受取りながらも、開発者を支援することが可能となる。

関連ニュース

Web3インフラ開発のAlchemy、約200億円調達

ブロックチェーン開発ツールAlchemy、a16zらから約280億円調達

カルビーが「アスターファーム」で限定NFT配布、博報堂とステイクが支援

日本発DeFi保険「InsureDAO(INSURE)」、アスターネットワーク(ASTR)対応

アスター(ASTR)、国内web3事業者らとの「Astar Japan Lab」設立

参考:アスター
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も