web3の国家戦略特区目指す、福岡市がスタートアップからの規制改革提案を募集

福岡市がスタートアップからの規制改革提案を募集

福岡市が、「福岡市グローバル創業・雇用創出特区」の実現に向けて実施していた規制改革提案アイデア募集の期間を、8月10日まで延期することが分かった。

国家戦略特区は世界で一番ビジネスをしやすい環境作りを目的に、大胆な税制・制度の緩和等を行う制度だ。福岡市では、国家戦略特区を活用した規制改革・スタートアップ支援に積極的に取り組んでいる。

今年5月に内閣府により公開された福岡市の提案の中には、スタートアップの資金調達手段の拡大を目的とした「認定LPSが、暗号資産(ガバナンストークン)を発行する認定スタートアップに出資できるようにするとともに、GP及び認定スタートアップそれぞれにつき資格(暗号資産交換業)の登録を不要とする」という内容が盛り込まれたいた。

第30回 福岡市・北九州市 国家戦略特別区域会議 福岡市提出資料

なお今回のアイデア募集に応募のあったスタートアップ企業の中から、今年10月19日から21日に福岡市で開催の「B Dash Camp 2022 Fall in Fukuoka」での「特区規制改革ピッチ(仮)」への登壇企業が選ばれる予定とのことだ。

福岡市の担当者は「より多くの声を特区に反映させられるよう、期間を延長しました。web3時代のスタートアップ・エコシステムを構築し、イノベーションを牽引し、世界に羽ばたくスタートアップの成長に寄与したいと考えています。国内web3スタートアップ企業様のご応募お待ちしています」とあたらしい経済にコメントを寄せた。

→応募はこちらから(2022年8月10日締め切り)

 

Image:iSotck/Sean Pavone

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も