web3の国家戦略特区目指す、福岡市がスタートアップからの規制改革提案を募集

福岡市がスタートアップからの規制改革提案を募集

福岡市が、「福岡市グローバル創業・雇用創出特区」の実現に向けて実施していた規制改革提案アイデア募集の期間を、8月10日まで延期することが分かった。

国家戦略特区は世界で一番ビジネスをしやすい環境作りを目的に、大胆な税制・制度の緩和等を行う制度だ。福岡市では、国家戦略特区を活用した規制改革・スタートアップ支援に積極的に取り組んでいる。

今年5月に内閣府により公開された福岡市の提案の中には、スタートアップの資金調達手段の拡大を目的とした「認定LPSが、暗号資産(ガバナンストークン)を発行する認定スタートアップに出資できるようにするとともに、GP及び認定スタートアップそれぞれにつき資格(暗号資産交換業)の登録を不要とする」という内容が盛り込まれたいた。

第30回 福岡市・北九州市 国家戦略特別区域会議 福岡市提出資料

なお今回のアイデア募集に応募のあったスタートアップ企業の中から、今年10月19日から21日に福岡市で開催の「B Dash Camp 2022 Fall in Fukuoka」での「特区規制改革ピッチ(仮)」への登壇企業が選ばれる予定とのことだ。

福岡市の担当者は「より多くの声を特区に反映させられるよう、期間を延長しました。web3時代のスタートアップ・エコシステムを構築し、イノベーションを牽引し、世界に羽ばたくスタートアップの成長に寄与したいと考えています。国内web3スタートアップ企業様のご応募お待ちしています」とあたらしい経済にコメントを寄せた。

→応募はこちらから(2022年8月10日締め切り)

 

Image:iSotck/Sean Pavone

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored