中央アフリカ共和国、ビットコイン裏付けの暗号資産「サンゴコイン」発行へ

中央アフリカ共和国、「サンゴコイン」ローンチへ

中央アフリカ共和国(CAR)が、独自暗号資産(仮想通貨)「サンゴコイン(SANGO Coin)」の発行を開始することが分かった。7月3日に開催された「SANGO Coin Genesis Event」にて、同国大統領のファウスティン・アーチェンジ・トゥアデラ(Faustin-Archange Touadéra)氏が発表した。

「サンゴコイン」のウェブサイトでは発行開始までのカウントダウンが実施されており、現地時間4日22:00(日本時間5日5:00)に発行予定のようだ。

また同イベントに登壇したエルヴェ・ンドバ(Hervé Ndoba)財務大臣によると、「サンゴコイン」はビットコインの価値に裏付けられている暗号資産とのこと。しかし仕組みなどその詳細については現時点では明かされていない。

「サンゴコイン」の発行を含むプロジェクト「サンゴ」では、「ビットコインの法定通貨化」、「クリプトアイランド」、「トークン化フレームワーク」、「鉱物資源のトークン化」、「所得税率0%」、「法人税率0%」などのプロジェクトを進めている。

今年4月27日に「ビットコインの法定通貨化」は議会で承認されており、中央アフリカはエルサルバドル共和国に次いで、ビットコインを法定通貨として採用する2ヵ国目の事例となっている。

また「鉱物資源のトークン化」については先月6月にその計画が発表されている。「金」、「ダイヤモンド」、「ウラン」、「鉄鉱石」、「銅」、「コルタン」、「コバルト」、「ニッケル」、「リチウム」、「石油」などをトークン化する計画で、資金調達するのが目的とのことだ。

関連ニュース

中央アフリカ共和国、鉱物資源トークン化計画発表。ビットコイン法定通貨化に続き

中部アフリカ規制当局、ビットコイン法定通貨化の中央アフリカなどに暗号資産禁止を再度通告

中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目

エルサルバドルがビットコイン国際会議開催へ、32ヵ国中銀と12ヵ国金融当局参加

テキサス州フォートワース市がビットコインマイニング参入、米国市政府として初

参考:SANGO Coin Genesis Event – a project supported by the Central African Republic
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio・Ivan Burchak

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も