エルサルバドルがビットコイン国際会議開催へ、32ヵ国中銀と12ヵ国金融当局参加

エルサルバドルがビットコイン関連国際会議を開催へ

エルサルバドル共和国政府が、32ヵ国の中央銀行と12ヵ国の金融当局を含めた44ヵ国の代表者を集め、ビットコインを議題にした国際会議を開催することが分かった。エルサルバドルのナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領が自身のツイッターで明らかにした。

この国際会議は5月17日から3日間開催されるとのこと。議題については「金融包摂」および「非銀行利用者に対する銀行業務」、「デジタル経済」、そして「エルサルバドルにおけるビットコインの展開とそのメリット」を予定しているとのことだ。

またブケレ大統領のツイッターによると、会議に参加するのは以下の中央銀行および金融規制当局だ。

参加組織

サントメ・プリンシペ中央銀行、パラグアイ中央銀行、アンゴラ中央銀行、ガーナ銀行、ナミビア銀行、ウガンダ銀行、ギニア共和国中央銀行、マダガスカル中央銀行、ハイチ共和国銀行、ブルンジ共和国銀行、エスワティニ中央銀行、エスワティニ財務省、ヨルダン中央銀行、ガンビア中央銀行、ホンジュラス国立銀行保険委員会、マダガスカル財政・予算省トレゾア総局、モルディブ通貨管理局、 ルワンダ国立銀行、ネパール・ラストラ銀行、ケニア・サッコ協会規制当局、パキスタン国立銀行、コスタリカ金融監督庁、エクアドル国民経済連携総監部、エルサルバドル中央銀行、エジプト中央銀行、ヨルダン中央銀行、ナイジェリア中央銀行、セネガル経済・財務・計画省、ドミニカ共和国銀行監督局、モーリタニア中央銀行、コンゴ中央銀行、アルメニア中央銀行、バングラデシュ銀行

エルサルバドルは昨年9月に世界で初めてビットコインを法定通貨化した国家だ。

なお国際通貨基金(IMF)はエルサルバドル政府に対してビットコインを法定通貨として扱うことを見直すように勧告したことが今年1月25日に分かっている。

なおエルサルバドル政府は国としてビットコインの購入を続けており、今月10日に​も​ビットコイン500BTCを追加購入しており、同政府のビットコイン合計保有額は2,301BTCとなっている。

なお4月28日には、エルサルバドルに続き中央アフリカ共和国もビットコインを法定通貨に採用することを発表している。

 関連ニュース

エルサルバドルがビットコイン押し目買い、保有総数2301BTCに

エルサルバドル大統領、海外投資家への市民権付与を議会に提出へ

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告

「ビットコインシティ」建設発表、エルサルバドルが10億ドル相当の債券発行へ

エルサルバドルの暗号資産規制枠組み構築、ビットフィネックス親会社が支援

参考:ブケレ氏Twitter
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Rawpixel・Duminda-Cooray・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored